新型肺炎の帰国者対応職員を自殺に追い込んだ、外野の心ない罵声

 

「コミュニケーションが、直接対話から電子ネットワーク上でのテキストベースのメッセージのやり取りへとシフトする中、一つの結果として、人々は礼儀正しさや気配りを失いつつある。怒りや無分別が増大し、コミュニケーションにおいても、交通渋滞に苛立って切れるのと同じ状態が増えつつある」―――。

これは1997年にいち早く“仮想空間”でのやり取りに警鐘を鳴らしたジェフ・マルガンの言葉です。外野の安全地帯にいる人が、これ以上現場に心ない石を投げぬよう、切に願います。

厚労省のこちらのHPには正確なデータが更新されているので、確認してください。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月4日版)

また、SARSの治療薬が役立ちそうだという朗報も入ってきました。マスクや体温計が足りない中国に支援する団体も出てきました。

見知らぬものは常に脅威です。でも、手洗いとうがいを徹底することが最善の予防策であることは間違いないので、こんなときだからこそ「正確な情報」にアクセスし他人を攻撃するのではなく「自分を守る」ことに専念してください。

みなさんのご意見もお聞かせください。

image by: daphne.t / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2020年2月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。
「自信はあるが、外からはどう見られているのか?」「自分の価値を上げたい」「心も体もコントロールしたい」「自己分析したい」「ニューストッピクスに反応できるスキルが欲しい」「とにかくモテたい」という方の参考になればと考えています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • 新型肺炎の帰国者対応職員を自殺に追い込んだ、外野の心ない罵声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け