カネ目当てと習近平への忖度で新型肺炎を蔓延させた安倍政権の愚

shutterstock_1640350780
 

感染拡大が止まらない新型肺炎。人々の接触による2次、3次感染を避けるため航空便などでの往来を控える動きも始まっていますが、止むに止まれぬ事情で利用する場合もあり得ます。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、NZ在住読者から届いたメールを紹介しながら、日本とNZでの新型肺炎に対する政府の対応の差やその原因を考察しています。

娘が成田で新型コロナウィールスに感染?~ニュージーランド在住読者さんの貴重なメール

毎日ニュースを見ると、トップは「新型コロナウィールス」の話ですね。この件について、ニュージーランド在住読者さんから興味深いメールをいただきました。ご紹介させていただきます。

北野さんこんにちは。新型コロナウィルス、大変な騒ぎですね。安倍総理はまだ、中国からの航空便を動かしていますね。

 

私は1月22日に成田を発ち、23日に自宅のあるNZオークランドに戻りました。成田ではもちろん、マスクもしていましたし、アルコール消毒液で頻回に手先を消毒しました。暑がる子供たちをなだめ、絶対に鼻を出さないようにさせていました。

 

その後、感染者数はうなぎ上り、報道も過熱気味なのかもしれませんが、マスクは効果がない、涙腺から感染する、今回のコロナウィルスは武漢の生物兵器の研究所からもれたウィルスだ、HIVウィルスが埋め込まれているので、抗体ができない…などなど、どれを信じて何を信じないほうがいいのか…と訳が分かりません。

 

そんな中、帰国後10日目、娘が急に発熱をしました。38度2分…。大パニックです。これはもう、成田で感染したんだ!調べてみると、私たちが乗った飛行機の搭乗口のすぐそばが武漢行の搭乗口でほぼ同時刻の出発。NZ帰国後、子供のお友達とあったりしていたので、その子たちを濃厚接触者してしまった!悔やんでも悔やみきれない思いで救急に行くと、救急の受付のナースたちはみなマスクなし。救急に来ている人たちはみんな裸足…。ギャップに苦しみました。

 

病院で熱をはかってもらうと、なんと娘は平熱。感染しているかどうか、調べてほしい!と懇願したのですがNZでは検査ができずに、オーストラリアまで検体をださなければならず結果が出るまでに2週間かかるとのこと(インフルの検査も1週間以上かかります)。「そんなこんなしているうちに、帰国して2週間経っちゃうでしょ?」と感染症対策のナースにいなされ「学校も症状がまったくないのだったらいってもいいわよ。日本から帰ってきたんでしょ?」…といわれ、安心はできないけれど、帰宅の途につきました。幸い、帰国後2週間経過した今も、発熱も咳の症状もありません。

 

今のところはNZで感染者は確認されていません。公衆衛生上、ここの緊急外来での様子はゆるく感じられますが、それでも、NZはすぐに中国全土からの外国人の渡航を禁止していますし、子供たちも中国から帰国して2週間と、中国からの来客と接触して2週間は学校に来ることは禁じられています。政府がイニシアチブをもって、感染が疑われる人と国民との接触を絶っています。

 

日本人は勤勉で真面目です。こんな事態でも通勤電車にのらなければならない人がほとんどでしょうし、ならば、政府はそういう真面目な納税者を守ることが一番に大切なのではないでしょうか?

 

今はクルーズ船の寄港で爆発的に感染者数を増やしてしまっている日本ですが(乗客の方たちにはお気の毒な話です)、これが、特別なクルーズ船だけではなく、ふつうの空港を使う事によっても起こりうることということと認識すべきだと思います。

 

そして、そこからの2次感染、3次感染…。そんなことが起きてしまったら、オリンピックも開催なんてできません。誰も日本に観光にこようなんて考えなくなります。折角、日本の各観光関係者の必死の努力で日本のおもてなし精神をアピールし外国人旅行客も増えてきました。中国からの外国人の来日を封鎖することで、一時的には観光者数は減らしても、そのさらに先を見て、今すべきことを安倍総理に考えてほしいと思います。…といっても、春節はもう終わっちゃいましたけれどね~…。

 

一日も早くこの感染拡大が収束して、全世界の患者様たちが回復されることとクルーズ船で今、長い長い不安な時間を過ごされている方たちに感染の被害が及ばず一日も早く本土の土を踏めるよう、心から祈っています。北野さんもご家族の皆様も、どうぞお体お大切に!私も家族、特に子供たちや親への感染がないように目を光らせます!

 

ちびたちの母

ちびたちの母さまの娘さんは、幸い感染していなかったそうです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • カネ目当てと習近平への忖度で新型肺炎を蔓延させた安倍政権の愚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け