コロナで習近平を救世主にしたい中国が狙う、今上天皇の政治利用

shutterstock_1353005387
 

3月12日に行われた会見で、国内での新型コロナの流行がピークアウトしたと発表した中国当局ですが、外務省報道官が「ウイルスを持ち込んだのは米軍」とツイートするなど、国を上げての責任転嫁の動きも活発化してきているようです。そんな状況にあって、習近平政権の「天皇利用」への警戒を呼びかけているのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんは今回、自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、天安門事件後に世界からの批判をかわすため「訪中」という形で天皇が利用された事実を改めて紹介し、注意を喚起しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年3月18日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【中国】習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒

「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉

習近平の中国が、ついに「世界は中国に感謝すべきだ」と言い始めました。3月4日、国営新華社通信が同様のタイトルで「中国の巨大な犠牲や努力なくして、世界各国は感染と戦う貴重な時間を得ることはできなかった」と書いたのです。

しかも中国外務省の趙立堅報道官は3月13日までに、ツイッターで「武漢に感染を持ち込んだのはアメリカ軍かもしれない」ともつぶやいています。中国は責任転嫁をして、習近平が新型コロナを封じ込めた英雄として祭り上げようとしています。

中国政府は中国での感染のピークは超えたと発表しました。

中国、新型コロナ「流行ピークすぎた」

武漢では、市のトップが習近平への感謝の気持を感じるための教育を市民に広める指示を行ったということで、SNSなどで批判を浴びていますが、他県もふくめて、中国国内では中国共産党は、習近平政権が新型コロナウイルスを退治したと盛んに宣伝しています。

習主席へ感謝する教育を…SNSで批判殺到

もちろんそれは嘘で、単に新たな感染者をカウントしなくなっただけでしょう。また、春が近づき気温が上昇したことで、ウイルスの感染力が弱まったこともあるかもしれません。

しかし、そうした自然的な条件もすべて利用して「偉大なる領袖の指導力」を鼓吹するのが中国共産党であり、また、中国の「天命思想」にもとづく皇帝制度なのです。

儒教では天にいる天帝が人間の中から徳のある者を「天子」として選び、人間界を統治させるという考えがあります。これが天命思想ですが、その徳が衰えて「不徳」になれば、天帝は別の人間を天子に選びます。これが「易姓革命」の理論です。

徳の衰えた天子は、次の徳のある新しい天子にその座を譲る。それが儒教の説く「禅譲」であり、前漢末期に王莽がこれを利用して帝位の簒奪を正当化し、禅譲の儀式を行ったわけです。以後、易姓革命が正当化されて、王朝交代時には禅譲の儀式が行われるようになりました。

いずれにせよ、徳がある天子でなくては、いつ易姓革命が起こるかわかりませんから、皇帝が「不徳」となるような事実は徹底的に隠されるのです。だから、どんなに感染者や死者が増えても、一度、「ピークを超えた」と発表した以上、感染者の増加スピードは「落ちている」ということになります。

そして、人民を救ったのは習近平だという賛美が始まるわけです。習近平政権は、今回の新型コロナウイルス問題で、武漢市のある湖北省に300人もの記者を投入し、感染の封じ込めにあたり、感動話を集めるように指示しています。

中国の情報統制 信用の低下と混乱を招く

「習近平政権の善政によって人々が救われた」というストーリーを演出し、人民の不満を回避するのが目的です。

こうした異常なまでの習近平礼賛は、今後、中国経済の暴落が不可避になればなるほど大きくなっていくでしょう。

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • コロナで習近平を救世主にしたい中国が狙う、今上天皇の政治利用
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け