安倍首相、1人10万円給付の意向。ネット「声をあげて良かった」

2020.04.16
1324
by gyouza(まぐまぐ編集部)
000062818
 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策で、安倍晋三首相は、公明党の要請を踏まえ、現金10万円の給付を実現するため、補正予算案を組み替える方針を自民党の幹部に伝えたと、NHKFNNなどが速報で伝えた。公明党との間で調整が続いていたが、結論の先送りや再要請など一連のやりとりが逐一伝えられていた。

現金10万円の一律給付をめぐっては公明党の山口代表が16日午前、安倍首相と電話で会談し、現金10万円の一律給付を、補正予算案を組み替えて実現するよう改めて求めていた。

NHKによると、菅官房長官は午前の記者会見で「10万円の給付については、昨日、公明党の山口代表からの要請に対して、安倍総理大臣から『まずは政府 与党として決定している緊急経済対策を実施するため、補正予算案を成立させることに全力を挙げ、その後、方向性を持ってよく検討したい』と応答している」と述べた上で、「現在の補正予算案では、収入が減少した世帯を対象に30万円を給付する予定であり、政府としては与党とよく連携して補正予算案を速やかに成立させていただくことが重要だ」と述べ、現金10万円の一律給付を実現するため、補正予算案を組み替えることには否定的な考えを示していたという。

ネット上では、今回の「1人あたり一律10万円給付」について、「最初からやっていればよかった」「給付はいつ?」「この方針転換は良かった」「声を上げ続けるのって大事だね」など、概ね歓迎する声が多くあがっている。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHKFNN

image by: 首相官邸

print
いま読まれてます

  • 安倍首相、1人10万円給付の意向。ネット「声をあげて良かった」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け