進む河井夫妻「包囲網」。克行氏に労基法違反や平手打ち疑惑も

2020.04.20
1654
by MAG2NEWS編集部 NK
 

崩壊寸前の「法治国家」では不可能か

AERA.dotの取材では、広島地検は東京地検特捜部から10人ほどの応援を受け捜査していることが判明。捜査関係者は、広島地検と東京地検特捜部は河井夫妻を逮捕すると意気込んでおり、国会開会中の逮捕許諾請求も視野に気合いが入っているとのこと。しかし、安倍首相が「国公法の規定が(検察官にも)適用されると解釈することにした」として強引に定年延長を決定した黒川高検検事長が口を挟んでくることが予想されており、捜査にブレーキがかかる恐れもあるという。買収ではなく、「政治活動のための寄付」として片付けられる可能性がある。取材では、事情聴取で河井夫妻から現金を受け取ったと認めている市議や県議の存在も明らかになった。そのうちのひとりは「返そうとしたがまあまあと言われ、とりあえず預かったという事情を話し、供述調書を作成した」と述べているという。

産経新聞の取材でも、昨年4月の県議選で当選した男性県議に案里氏が2度にわたって現金入り封筒を手渡そうとしたことが判明。男性県議は「当選祝いといって現金が入った封筒を置いていこうとした。封筒の厚さから数万円という金額ではなかった」「現金の入った封筒をまんじゅうの紙袋にいれた状態で手渡してきたので突き返した」と振り返ったという。

Twitterの声

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:NHK毎日新聞朝日新聞東京新聞AERA.dot産経新聞

image by:河井あんり公式Facebook

print
いま読まれてます

  • 進む河井夫妻「包囲網」。克行氏に労基法違反や平手打ち疑惑も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け