コロナ禍から復活する中国と真珠湾攻撃後の米国の姿が重なる理由

 

真珠湾攻撃とは、1941(昭和16)年12月8日未明(日本時間)、日本海軍がハワイの真珠湾(オアフ島)にあった米国海軍の拠点を空母艦載機350余機と特殊潜航艇5隻などで奇襲攻撃した歴史に残る出来事です。これを受けた米国の対日宣戦布告によって両国は太平洋戦争に突入し、最終的には1945(昭和20)年8月15日の日本の無条件降伏に至ります。このとき、米国側は戦艦4隻が沈没するなど軍艦19隻が損傷し、太平洋艦隊は一時、再起不能とみられるほどの大損害を被ります。

フランクリン・ルーズベルト大統領は即日、「アメリカ合衆国にとって恥辱の日」とのフレーズが国民の耳に残る有名な演説を自ら書き上げ、翌日、ラジオを通じて米国民に結束を呼びかけます。そして同じ日、ルーズベルト大統領と米国議会は日本軍に真珠湾攻撃を許した責任を調査する委員会を設け、太平洋艦隊司令長官ハズバンド・キンメル海軍大将とハワイ方面陸軍司令官ウォルター・ショート陸軍中将を更迭したのです。

真珠湾攻撃の2日後の12月9日(米国時間)には、オレゴン州の新聞にアラモの戦いでのスローガン「Remember the Alamo!(アラモを忘れるな)」をもじった「REMEMBER PEARL HARBOR!(真珠湾を忘れるな)」が登場、「REMEMBER PEARL HARBOR」をつけたバッジ、切手の類いから女性用下着まで様々な記念品が作られ、米国民の愛国心は一気に高まっていきました。

日本に対する反撃態勢も一気に整えられていきます。一時は自動車生産を航空機の生産に回そうという意見もあったようですが、それをしないまま、1944年には9万6270機もの航空機を生産してしまいます。同じ44年、日本は2万8180機と大きく差をつけられていました。

真珠湾で大打撃を受けた海軍も、開戦前は空母の数で日本10隻に対して7隻と劣勢だったのに、その後、開戦後の新造、改装によって大型空母17隻、軽空母9隻、護衛空母77隻を保有するに至り、大逆転を演じます。

その後の米国の発展、繁栄ぶりは経済の専門家の著作などにある通りですが、コロナによる「奇襲」を受けた中国が、真珠湾後の米国と同じようなV字回復を遂げたとしたら、そして最大の感染者と死者に喘ぐ米国を国力で抜き去ったとしたら、2049年の建国100周年を待たずして21世紀は「中国の世紀」となる可能性が出てきます。

ウイルスが武漢ウイルス研究所から漏出したという疑いが米国メディアに報道され、世界は中国の責任について厳しい視線を浴びせていますが、それも中国の逆転劇が成功するか否か、米国が国力を維持できるかどうかで、そのイメージは変わってくるのだと思います。

初動の失敗で非難された習近平国家主席が、湖北省の蒋超良・共産党委員会書記(党委書記)と武漢市の馬国強・共産党委員会書記を解任して自らの責任を逃れ、国の指導者として号令を発している姿には、イメージはともかく、真珠湾直後のルーズベルト大統領を思わせるものがあります。日本としては中国の動向から目を離すわけにはいきませんね。(小川和久)

image by: Frederic Legrand – COMEO / shutterstock

小川和久この著者の記事一覧

地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。一流ビジネスマンとして世界を相手に勝とうとすれば、メルマガが扱っている分野は外せない。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 NEWSを疑え! 』

【著者】 小川和久 【月額】 初月無料!月額999円(税込) 【発行周期】 毎週 月・木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • コロナ禍から復活する中国と真珠湾攻撃後の米国の姿が重なる理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け