木村花さんを中傷した人を中傷する人も出たネット社会の地獄絵図

EX0TS60U8AMAT1V
 

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中、22歳という若さで自ら命を絶ってしまった人気女子プロレスラーの木村花さん。SNSによる誹謗中傷に悩まされていた木村さんですが、その死後「誹謗中傷した側」が弁護士に相談するケースが急増するなど、「どこまでが誹謗中傷になるのか?」という議論がネット上で毎日のように交わされています。サッカー情報で人気のメルマガ『J3+ (メルマ)』では今回、木村花さん死去のニュースを取り上げ、過去にダルビッシュ投手らスポーツ選手に向けられた中傷などを例に出しながら、SNSによる誹謗中傷の問題点を論じています。

【関連記事】木村花さん死去で「中傷した側」から弁護士へ相談急増に怒りの声

どこからが誹謗中傷なのか? どこまでがOKなのか?

フジテレビ系列で放送されている「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんがネット上の誹謗中傷が原因で亡くなったとされるニュースは衝撃度が大きかった。韓国ではネット上の誹謗中傷が原因で有名人が自殺をするケースがたびたび発生して、その都度、日本でも話題になった。そのときは「韓国のネット社会の異常性」や「韓国社会が抱える闇」を指摘する声が多かったがついに日本でも同じような痛ましいことが発生してしまった。この1週間、木村花さんのニュースが大きく取り上げられた。

「テラスハウス」という番組をちゃんと視聴したことはないので詳しいことは分からないが若い男女が共同生活を送って恋愛に発展していく様子を外野があれこれ言いながら観るという番組は昔からある。1999年から2009年まで放送された「あいのり」が世代的にはドンピシャになる。Every Little Thingが歌った主題歌の「fragile」が大ヒットになるなど当時は社会現象になったがそういう番組が若い女性を中心に人気があるのはよく分かる。「テラスハウス」は世界的にも人気だったというが収録と放送の中止が発表された。

「誹謗中傷」というワードがクローズアップされており、いろいろな人がいろいろな立場からものを申している。メジャーリーガーのダルビッシュ有投手が「著名人への誹謗中傷はこんな感じです。」とバッタの大群の写真を添付したことも話題になったがダルビッシュ有投手も離婚経験があって元・妻の紗栄子さんを含めて相当な誹謗中傷を浴びている有名人である。最近はツイッターを活用して「ご意見番」のような立ち位置になっているが現在はアメリカでプレーしているのでアメリカ人からの誹謗中傷も少なくないだろう。

最近のサッカー選手で最も誹謗中傷を受けたと思われるのはやはりMF本田圭である。ロシアW杯の本大会で1ゴール1アシスト。初戦のコロンビア戦では決勝ゴールをアシストして、GLの2戦目のセネガル戦では価値ある同点ゴールを記録した。本大会での活躍によって彼の価値が見直されて現在はネット上の評価はかなりポジティブなものになっているがハリルホジッチ監督の解任騒動からコロンビア戦までの期間のMF本田圭へのバッシングは物凄いものがあった。誹謗中傷と言われても仕方がないコメントも多かった。

print

  • 木村花さんを中傷した人を中傷する人も出たネット社会の地獄絵図
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け