お給料だけじゃない。「天引き」というシステムが未来を作るワケ

shutterstock_1426939688
 

毎月決まった金額をお給料から天引きして貯蓄に回せば、思った以上に楽にお金が貯まるものですよね。そんな「天引き」という仕組みはお金だけでなく、あらゆる習慣に埋め込むことができると語るのは、無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』著者の佐藤しょ~おんさん。今回の記事中で佐藤さんは、自身の人生を激変させた経験を紹介しつつ、「苦痛なく人生を変化させたいという人は、まずは何を天引きするかを考えるのが良い」としています。

未来を作るのは天引きなのだ

人間って怠惰で弱い存在なんですよね。だから意志の力を使って何かをやり遂げるなんてことは、凡人には無理なんですよ。もちろん私もそんな凡人ですからね。

過去何度も書いているんですが、私の人生のベクトルが変わったのは、28歳の時にアメリカに語学留学に行った時です。といっても、アメリカで勉強したことが人生を変えたという話ではありません。それはもちろんゼロではないどころか、ちゃんと良き影響を与えているのですが、それ以上にインパクトがあったのは、

 ● 3年掛けて200万円を貯めたこと

なんです。

それ以前の私は、本当にその日暮らしの連続で、預金高の瞬間最高ピークですら30万に届かない人生を送っていたんですね。入って来た収入は、次の給料日までに全部使ってしまうという生活をしていましたから、100万単位のまとまったおカネなんて、競馬で万馬券でも中らない限りあり得なかったんです。

そんな状態で、アメリカに行きたいって思ったわけです。フツーに考えたらムリなんですけどね。さすがの私も、200万というおカネを作ることを、自分のコンニャク以下の堅固度の意志でどうにかなるとは思わなかったわけですよ。

で、当時の私が考えたのが、給料日に天引きをするということでした。毎月15日と30日の支給日に、2万5,000円を天引きするように銀行に依頼をしたことが、大袈裟ではなく私の人生を変えることになったんですね。

天引きイコール「最初から無かったモノとして抜き取っておくこと」なわけで、そうしたらイヤでも残ったおカネでやりくりしなきゃならなくなるわけですよ。そして人間は習慣に馴致される生き物でして、最初は辛い、キツいと思っていたことも、半年も続けたら慣れてしまうわけです。

そしてこの天引きという仕組みは、おカネだけではなくて、あらゆる習慣に埋め込むことができるんですね。

例えば時間だって、最初から無かったモノとして他のことに振り向ければ、それは天引きと同じ効果を生むんです。

私は一時、毎朝5時に起きて、1時間読書をしていたことがあるんですが、これなんて完全に時間の天引きですよ。この1時間は最初から無かったモノだと考えて、つまり1日が23時間なのだと考えて、他のタスクを割り振り直したら、1時間くらいの時間は捻出できるんです。そして人間はすぐにそれに慣れるんです。

大事なのはここで、人間はすぐに新しい環境に慣れてしまうんです。そしてそんな新しい環境から、何かプラスの効能を手に出来たら、その天引きに文句を言うことはなくなるんです。

当たり前ですが、そうやって天引きした何かが、一定量貯まると、これは人生で大きな武器になるわけです。継続の力を疑う人はいないのですが、そんな継続って天引きとセットで設計するのが一番なんですよ。

ムリなく、苦痛なく人生を変化させたいという人は、まずは何を天引きするかを考えるのが良いと思うんですけどね。

image by: Shutterstock.com

佐藤しょ~おんこの著者の記事一覧

高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て無料で公開。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信する。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 サラリーマンで年収1000万円を目指せ。 』

【著者】 佐藤しょ~おん 【発行周期】 平日刊

print

  • お給料だけじゃない。「天引き」というシステムが未来を作るワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け