「軽い」だけで中身なし。小池都知事キャッチフレーズ作戦の功罪

14264246_546825985502277_4580386707073827849_n
 

歴代2位となる約366万票を獲得し、現職の小池百合子知事の圧勝に終わった今回の都知事選。落選した山本太郎氏が「百合子山は高かった」とコメントしたことが印象的でした。この選挙戦を新聞各紙はどう総括したのでしょうか。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』の著者で、ジャーナリストの内田誠さんが分析。都知事選報道から得られた結論を解き明かしています。

各紙の「東京都知事選」報道から学び取れるものは何か?

【ラインナップ】

◆1面トップの見出しから……。
《朝日》…豪雨 熊本死者49人に
《読売》…熊本 特養14人死亡確認
《毎日》…熊本豪雨 死者49人
《東京》…家賃給付金 遅すぎる

◆解説面の見出しから……。
《朝日》…特養被災 津波のような水
《読売》…高齢者の迅速避難 難題
《毎日》…コロナ対処 教員奔走
《東京》…コロナ選挙「現職有利に」

【プロフィール】

■軽い言葉■《朝日》
■喧しい早期解散論■《読売》
■ナラティブ■《毎日》
■現職有利の訳■《東京》

軽い言葉

【朝日】は1面下段の「天声人語」冒頭、人語子は、小池百合子氏が世に広めた言葉に「クールビズ」がある、と書きだしている。大平内閣の「省エネルック」が企画倒れに終わったのとは対照的に、日本の夏から上着やネクタイを追い出すのに貢献したとする。小池氏の成功例に違いない。

都知事になっても小池氏の持ち味はこうしたキャッチフレーズを武器にするところだが、その多くが「省エネルック」のような運命をたどりそうだとして、ほとんど達成できていない「七つの公約」、どこに行ってしまったのか分からない「築地を食のテーマパークに」のスローガン、そして「発動条件も効果もよく分からない「東京アラート」を批判する。再選された後は「東京版CDCの創設」を喧伝するが、尻すぼみにならないか心配になると。

最後に、「小池氏の場合、政治の言葉を面白くしているのは間違いない。しかしそれらが肉付けされないまま漂って消えるなら、軽い言葉より、もっと軽い」と。

●uttiiの眼

このほかに、選挙公約としては「東京大改革2.0」、コロナ関連では「ステイホーム」に「ウィズ・コロナ」、「夜の街」(これは別の人?)と賑やかだ。振り返れば、「都民ファーストの会」や「希望の党」もそうだった。これだけたくさんキラキラと飾った言葉が散りばめられていても、国政掌握の野望は、「排除いたします」の一言で失っているので、本当に言葉の使い方が上手い人なのかどうか、正直分からない。

小池氏が一つのキャッチフレーズを新たに打ち出した時、その時の会見で記者たちがどれだけ厳しい質疑応答をするか、そのあたりが最も重要なのではないだろうか。その言葉が問題を解決していく正しい旗印なのか否か、人々の頭の中でキャッチフレーズが勝手に暴走することのないよう、その条件や前提、背景などを問い質していくことで、小池氏も担当記者らと有権者を舐めきったような言葉遊びを控えるようになるかもしれない。

喧しい早期解散論

【読売】は4面に知事選と総選挙の関係についての興味深い政局記事。見出しから。
与野党 総選挙影響を注視
都知事選
与党 早期解散に賛否両論
野党 合流協議の思惑交錯

再選された小池都知事が安倍首相を官邸に訪ねて挨拶したという記事。首相以外にも自民党の二階幹事長、公明党の山口代表とも。選挙での支援への感謝を伝えたのだろう。

小池氏の圧勝は波紋を広げている。自民党内には「危機下の選挙は現職や与党側が有利」との“教訓”を導こうという動き。危機下では有権者が政治の継続性を求める傾向が強まるとの見方もあるという。若手議員の中からは、「野党共闘がまとまる前に選挙をした方が得策だ」という声も。「早期解散論」が噴き出している。

他方、コロナ禍など不安定な要素が山積しているとして、岸田政調会長は早期解散に否定的だという。加えて、公明党は早期解散への反対姿勢を鮮明にしている。首相にとっても解散のタイミングは難しい。解散後にコロナの感染が広がる可能性もあり、そもそもコロナ禍の時期に解散する大義名分が必要になると。

uttiiの眼

都知事選から「現職有利」を導き出し、「早期解散論」を唱える声が出ているというのは興味深い。既に「安倍4選」の芽が潰えつつあり、五輪開催(十中八九、中止だろうが…)との関係も重要になる中で、秋の臨時国会冒頭解散の線がどんどん強まっているように思える。

それとは別に、解散の話になれば、常日頃「総理の専権事項」と口を揃える議員たちが、解散のタイミングについて様々持論を述べ合っている状況というのは、安倍氏の求心力がいかに衰えたかを表しているのだろう。何が次に来るかは見通せないが、安倍政権の「終わり」が近づいている。

print

  • 「軽い」だけで中身なし。小池都知事キャッチフレーズ作戦の功罪
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け