不十分なコロナ対策。新宿の「限界集落」団地、戸山ハイツの惨状

2020.07.29
483
 

東京都の区市町村別累計感染者数は新宿区の1,670人が突出していて、2位の世田谷区の814人の2倍近くと圧倒している(7月24日現在)。

戸山ハイツは、歌舞伎町への北の玄関口、東新宿駅から徒歩1、2分。

東新宿駅は、都営大江戸線と東京メトロ副都心線の乗換駅となっており、駅の周辺部は両線が開通した2000年以降に再開発が進み、都心回帰の流れで、マンションが建ち並ぶようになった。

近年の東新宿の急激な変貌もあって、老朽化した戸山ハイツにも「先日、何の目的か。測量を行っていた」といったような再開発の噂が聞こえてくる。

戸山ハイツの一帯は、都立戸山公園(箱根山地区)となっており、山手線の内側にもかかわらず緑が多い。戸山公園は、明治通りを挟んで、大久保地区と箱根山地区に分かれるが、その箱根山地区の中にあるのが、戸山ハイツといった感じだ。

戸山公園箱根山地区案内図

戸山公園箱根山地区案内図

箱根山は標高44.6m。かつて戸山荘、戸山ヶ原と呼ばれたこの一帯は、江戸時代には約13万6,000坪もの広大な面積を持つ尾張徳川家の下屋敷で、小石川の水戸徳川家の中屋敷(後に上屋敷)にあった小石川後楽園と並び称される、有名な庭園だった。庭園の造形として築山されたのが箱根山である。山手線の内側で最も標高が高く、頂上からは西新宿のビル街が見渡せ、今も桜の名所になっている。

江戸時代の戸山荘庭園図。現在の戸山ハイツはすっぽりこの中に入る。箱根山の麓に大きな池がある

江戸時代の戸山荘庭園図。現在の戸山ハイツはすっぽりこの中に入る。箱根山の麓に大きな池がある

箱根山頂上部

箱根山頂上部

緑が深い箱根山は、都民のハイキングコースとなっている

緑が深い箱根山は、都民のハイキングコースとなっている

箱根山の麓には、東海道小田原宿を模した町並みや水田が造られていたという。古地図を見ると、かつては戸山ハイツを貫いて、歌舞伎町に水源を持つ神田川の支流、蟹川が北方へ流れており、現在の東戸山小学校は、河川敷にあった。小学校の北側、現在の19、25、26号棟のあたりは蟹川を堰き止めた巨大な人工池の南端になっていて、池は諏訪通り、現在の学習院女子大学の敷地まで広がっていた。

旧河川敷にある、東戸山小学校

旧河川敷にある、東戸山小学校

明治維新となって軍用地となり、1873(明治6)年、陸軍兵学寮戸山出張所が開設され、翌年には陸軍戸山学校と改称。太平洋戦争が終わる1945(昭和20)年まで続いた。

箱根山一帯は、戦前には陸軍戸山学校があった

箱根山一帯は、戦前には陸軍戸山学校があった

戦後は住宅の不足が深刻化していたため、GHQのマッカーサー最高司令官の指示により、約1,000戸の木造平屋建の住宅が建てられた。元祖、公営住宅であった。

土地の有効活用のため、1960年代半にはニュータウン仕様の建て替えが着工され、10年ほどをかけて中高層化されて、70年代半ばに完成した。

戸山ハイツは4地区に分かれ、エリア内の他の部分は戸山公園となっている

戸山ハイツは4地区に分かれ、エリア内の他の部分は戸山公園となっている

戸山ハイツの南端は、大久保通りに面している。大久保通りは、JR新大久保駅方面から、コリアン街を抜けて東新宿駅へと走っているが、戸山公園エリアに入って、西側から、コープみらい戸山店、新宿区立東戸山小学校、区立戸山第二保育園、区立戸山生涯学習館及び戸山図書館、新宿戸山郵便局と並んでいて、その先は公園を越えて、国立国際医療研究センターが隣接する。さらには、大江戸線の若松河田駅、東京女子医科大学病院も徒歩圏にある。

戸山ハイツと住民の生活を支える「コープみらい」

戸山ハイツと住民の生活を支える「コープみらい」

戸山ハイツ内にある新宿区立戸山生涯学習館。戸山図書館も同じ建物にある

戸山ハイツ内にある新宿区立戸山生涯学習館。戸山図書館も同じ建物にある

戸山ハイツの北側には副都心線の西早稲田駅前に早稲田大学理工学部、明治通りを挟んで都立戸山高校が対峙し、諏訪通りに沿って西から区立西早稲田中学、学習院女子大学、学習院女子中学・高校、さらには東西線の早稲田駅前に早稲田大学戸山キャンパスがあって、一大文教地帯を形成している。

戸山ハイツは35棟あり、約3,700戸からなる。人口は高度成長期に1万人を数えた時期もあったが、子供たちが独立して移住し、さらには配偶者に先立たれた独居老人が増えて、半減してしまった。

戸山ハイツ内には高齢者を支援する施設が点在する

戸山ハイツ内には高齢者を支援する施設が点在する

それでも戸山ハイツを離れる人が少ないのは、長く住んで愛着があるだけでなく、このように交通が便利で、都心部にあるにもかかわらず静かで恵まれた住環境にあるからだ。しかも、近くに大きな病院、有名校もあり、公共サービスも充実している。

print
いま読まれてます

  • 不十分なコロナ対策。新宿の「限界集落」団地、戸山ハイツの惨状
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け