辞任の安倍首相に中国人が「好意的」は本当か?現地SNSを調べた結果

2020.09.02
26
by gyouza(まぐまぐ編集部)
takano20200817
 

安倍晋三首相は去る8月28日、持病の潰瘍性大腸炎が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任することを正式に表明したのは周知の通り。実は、このニュースを日本国内とほぼ同じタイミングで速報した国がある。香港情勢や米国との対立などで、昨今やたらと国際社会を賑わせているお隣の大国、中華人民共和国だ。

安倍首相「辞任」のニュースは世界各国でも速報されたが、どこよりも早く報じた国が中国だった。9月1日に公開されたダイヤモンドオンラインの記事によると、中国国内では安倍晋三首相の辞任の報を受けて、多くの国民が「好意的」なメッセージをSNSなどに投稿しているという。

その中身は、「お疲れ様」とねぎらうものから、今までの「功績」を称えるものまで数多くあり、中国人の安倍首相の辞任劇への関心の高さが窺われる、としている。また、健康上の理由とはいえ、一国の権力者が潔く(?)辞任したことが中国人に衝撃的だった、とも伝えている。

【関連】裏切りの菅義偉「安倍降ろし」への秘めた思惑とは?二階氏と急接近、TV出演で攻勢

【関連】ポスト安倍の超大穴?小池百合子氏が目論む「自民党ジャック」の中身

しかし疑問なのは、中国国内は本当に「安倍首相礼讃」ムードなのか?という点だ。つい最近まで、安倍首相は中国や韓国に「タカ派」「右翼」などというレッテル貼りで語られていたことは、日本国民もよく知っているはず。

さらに、「桜を見る会」や「モリカケ問題」などの疑惑は世界中で報じられており、国会の答弁でしどろもどろになっていた安倍首相の様子を見たことがある中国人も少なくないに違いない。中国で好意的な書き込みばかりが目立っている、とする報道には違和感が残る。

print
いま読まれてます

  • 辞任の安倍首相に中国人が「好意的」は本当か?現地SNSを調べた結果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け