【訃報】作曲家・筒美京平さん80歳で死去。つんく「憧れに憧れた先生」

2020.10.12
44
by gyouza(まぐまぐ編集部)
IMG_20201012_145517
 

尾崎紀世彦『また逢う日まで』、いしだあゆみ『ブルー・ライト・ヨコハマ』、ジュディ・オング『魅せられて』など、昭和の日本を代表する歌謡曲の作曲家として知られ、ヒット曲を多く手掛けた作曲家の筒美京平さんが7日、誤嚥性肺炎のため80歳で死去した。NHKなどが報じた。日刊スポーツなどの報道によると、かねてから病気療養中だったという。すでに葬儀などは近親者のみで執り行われたとしている。

筒美さんは、東京都新宿区(旧東京府東京市牛込区)出身で、本名・渡辺栄吉。作曲家のすぎやまこういち氏に師事し、グループサウンズのヴィレッジ・シンガーズに書いた『バラ色の雲』(1967)のヒットが作曲家としての出世作となった。

SNSなどのネット上には、つんくさんなど音楽業界からの悲しみの声や、「この曲も筒美京平さんだったのか!」と日本を代表する昭和歌謡ヒット作の数々に驚く声も多く、稀代のヒットメーカーの死を惜しむコメントが多数投稿されている。

筒美京平さんが作曲を手掛けた主なヒット曲(一部抜粋)

尾崎紀世彦『また逢う日まで』
いしだあゆみ『ブルー・ライト・ヨコハマ』
ジュディ・オング『魅せられて』
堺正章『さらば恋人』
南沙織『17才』
郷ひろみ『よろしく哀愁』
麻丘めぐみ『わたしの彼は左きき』
岩崎宏美『ロマンス』
太田裕美『木綿のハンカチーフ』
近藤真彦『ギンギラギンにさりげなく』
C-C-B『Romanticが止まらない』
松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』
中山美穂『C』
少年隊『仮面舞踏会』
NOKKO『人魚』
サザエさんOP&ED
スプーンおばさんOP&ED

などなど、多数。

SNSに寄せられた筒美京平さんの死を悼む声









source: NHK日刊スポーツ

image by: MAG2NEWS

print
いま読まれてます

  • 【訃報】作曲家・筒美京平さん80歳で死去。つんく「憧れに憧れた先生」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け