多目的不倫・渡部建の「笑っては~」年末復帰は絶望的。佐々木希と夫婦YouTuber転身か

2020.11.17
9
by tututu
渡部復帰
 

“多目的トイレ”不倫騒動を起こした、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)の復帰がにわかに囁かれ始めている。各種報道でたびたび渡部の現在の姿が伝えられているが、年内復帰を目指すとすれば、そろそろ動き出さなければならない時期。驚くような復帰プランが用意されているという見方もあるようだ。

渡部建が「笑ってはいけない」で復帰?

今や大晦日の鉄板コンテンツとなっているダウンタウンの「絶対に笑ってはいけない」シリーズ(日本テレビ系)、その“みそぎ”コントで電撃復帰すると報じたのは週刊女性記事によると、原田龍二や袴田吉彦など不倫騒動で窮地に陥った芸能人が同番組に出演していることから、渡部の復帰も計画されているという。

【関連】佐々木希「離婚秒読み」の裏に多目的トイレ妻の烙印?渡部建は厄神、捺印は来春か

不祥事からの復帰比較③

この報道に対し、多くのバラエティ番組を手掛け、芸能事情にも詳しい放送作家は「一見ありそうな話だが、現実的ではない」と語る。

「なぜなら渡部に対するスポンサーの拒否反応は極めて強いからです。テレビ番組はスポンサーがあって初めて成り立ちます。『渡部の復帰はまだ早い』という世間の声が強いため、地上波放送での復帰は難しいと言わざるを得ません」

そこで、渡部が復帰する現実的な道としていくつかのシナリオが考えられる。“多目的トイレ”不倫騒動から5か月。渡部も真剣に復帰に向けて考えなければならない。愛息の保育園の送り迎えや愛犬の散歩だけで毎日を終えているわけにはいかないのだ。

【関連】小林麻耶「子宮にパワーストーン」の哀れ。スピ夫が洗脳 芸能界追放の危機に

渡部の復帰シナリオ①佐々木希と「夫婦ユーチューバー」

すでに渡部は自身のYouTubeチャンネルを持っているが、活動自粛以降新たな動画は公開されていない。たとえ渡部がユーチューバーとして復帰しても、宮迫博之(雨上がり決死隊)のように批判を浴びる可能性が高く、その割にはあまりに普通すぎて大した話題にもならないと考えられる。

「奥さんである佐々木希さんと夫婦でユーチューバーになるのが最もインパクトがあります。別な意味で最近話題の小林麻耶さんみたなパターンですね。渡部さんのYouTubeのチャンネル登録者数は6万人ですが、再生数はイマイチで伸びしろもありません。でも、夫婦でやればあっという間に100万人を越えるでしょう。広告収入も相当なものになります」(前出・放送作家)

不倫騒動の話をするだけで何回も動画を作成することができる。おまけに佐々木には固定ファンが多数いることから、ファッションや美容、子育てに関する情報を伝えていけば、ネタに困ることもない。

【関連】岡村隆史の予言的中に「悔しい…」性を売る貧困シンママ 日本は三流国に墜ちたのか

渡部を献身的に支え、変わらず芸能活動を続けてきた佐々木だが、ここへ来て行き詰まりを感じているとの報道もある。無理してテレビのバラエティ番組に出演するより、いっそのこと自由になった方が精神的にも楽かもしれない。

「懸念は佐々木さんが大手事務所のグループ会社に所属していることです。渡部とは違う事務所ですから、簡単に首を縦には振らないでしょう。そうなると、佐々木さんが現在の事務所を辞めて、独立するということまで考えられます」(前出・放送作家)

今や活動の場所をテレビに限る時代ではない。夫が出直すことを決めたならば、佐々木が応援する道を選ぶことは不思議ではなく、“夫婦ユーチューバー”になる可能性は十分ありそうだ。

print
いま読まれてます

  • 多目的不倫・渡部建の「笑っては~」年末復帰は絶望的。佐々木希と夫婦YouTuber転身か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け