上級国民ミスター慶応が性的暴行で6度目の逮捕。今回も金の力で不起訴か?

2020.11.24
613
by tututu
shutterstock_1140035528
 

ミスター慶応ファイナリストが女性に対するわいせつ事件を起こした。性的暴行を加えたとして逮捕されたのは、千葉県の無職渡辺陽太容疑者(24)と、知人で栃木県の職業不詳光山和希容疑者(24)。渡辺容疑者はかつて「ミスター慶応コンテスト」の出場経験があり、同様の女性暴行事件を起こしたことがある。しかも今回の逮捕は6度目という強制性交の常習犯だ。
【関連】
ミスター慶応、予想通り「金でレイプもみ消し」完了。なぜ日本は性犯罪に甘いのか?

ミスター慶応出場者が性的暴行で逮捕

渡辺容疑者と光山容疑者の2人は昨年3月、JR大宮駅近くで女性に声を掛けて、カラオケ店とインターネットカフェでそれぞれ性的暴行を加えた疑いが持たれている。取り調べに対し、2人は「弁護士が来るまでは何も話さない」と供述を拒んでいるとテレビ朝日は報じている。

渡辺容疑者は2年前にも女性への暴行事件を起こし、世間を賑わせた男だ。

慶応大学経済学部2年に在籍していた2018年9月、酩酊状態で路上を歩いていた面識のない女子学生(当時19歳)を雑居ビルに連れ込み、1階の踊り場で乱暴。その後、路上で彼女の腹を蹴っていたところを現行犯逮捕されるという、鬼畜の所業としか形容のしようがない事件を起こしている。

実は渡辺容疑者はこれまでに5度も逮捕されているが、その全てが不起訴になっているのだ。

【関連】ダブル不倫なぜブーム?コロナ感染最多もラブホ満室 テレワSEXに溺れる男女たち

なぜ5度も逮捕されて全てが不起訴に?

渡辺陽太容疑者は前述した19歳女子学生への暴行で現行犯逮捕され、さらに強制性交も発覚し再逮捕されている。それ以外の残りの3度の逮捕は、ここからさかのぼって明るみになった事件だ。

2018年5月に女性を酒に酔わせてわいせつな行為をし、さらに財布を盗んだとして、共犯の慶応大生とともに3度目の逮捕をされている。

さらに、2018年3月には、友人のマンションで女性に性的暴行を加えた上で、現金6万円とキャッシュカードが入った財布を盗んだとし、強制性交と窃盗の疑いで4度目の逮捕。

2018年9月にはこちらも友人のマンションで女性にアイマスクを着け、両手首をひものようなもので縛った上で暴行しようとした準強制性交容疑で5度目の逮捕をされている。

【関連】『鬼滅の刃』商標を狙う中国。日本は無印良品の屈辱を再び味わうのか?

短期間でこれだけの事件を起こした、懲りない犯罪者。もし、女子学生の腹を蹴っていたところを現行犯で逮捕されていなければ、これらの余罪は明らかになっていなかったかもしれない。

これまで逮捕されてこなかったことに味をしめ、好き放題の悪事を働いてきた渡辺容疑者。しかも、5度も逮捕されながら、この全てが不起訴処分となっているというのだから尋常ではない。

なぜ、このような極悪非道の犯罪を繰り返しながら、ことごとく不起訴となるのか?どうやらそこには渡辺容疑者の「出自」が関係しているようだ。

print
いま読まれてます

  • 上級国民ミスター慶応が性的暴行で6度目の逮捕。今回も金の力で不起訴か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け