シングルマザーの“娘”を狙うロリコン男が増殖。結婚契約のゲスすぎる中身とは?

2020.12.01
178
by tututu
shutterstock_711681922
 

交際相手の女性の娘2人にわいせつ行為をしたとして、30代の男性強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された事件が11月にあった。女性はシングルマザーで、男性とは婚活マッチングアプリで知り合ったという。コロナの影響もあり、シングルマザーを取り巻く環境は厳しくなっている。そんなシングルマザーたちの苦しい状況を見て、娘を狙って近づいてくる“ロリコン男”が今増えている。

交際女性の娘2人にわいせつ行為

逮捕された無職の近藤善広被告(33)と女性(40)は2019年2月ごろから2020年6月まで交際。女性は当時小学2年生だった長女(8)と次女(4)の2人の娘を持つシングルマザーで、女性が外出している時などは近藤容疑者が娘の食事や入浴の面倒をみることがあった。

【関連】岡村隆史の予言的中に「悔しい…」性を売る貧困シンママ 日本は三流国に墜ちたのか

その間を狙って犯罪に及んでいた近藤被告。長女の体を触ったり、次女に自分の下半身を触らせるなどのわいせつ行為を繰り返していた。

犯行はそれだけで終わらない。近藤被告はわいせつ行為を動画で撮影。インターネットを通じて販売し、利益を得ていたのだ。

シングルマザーと交際することで、娘との接点を持ち、自らの欲望を満たすという卑劣極まりない犯罪。しかし、同様の事件は他にもあった。

複数のシングルマザーと交際し4人にわいせつ

山形県に住む当時35歳の男性は、2014年から4年の間、当時4歳から9歳までの女児4人に対し、乱暴やわいせつ行為をした上、裸の画像も撮影していたとして逮捕され、懲役11年の刑が言い渡された。

男はシングルマザーばかりを狙って声を掛け、複数の女性と交際。一人で子どもを育てる女性の力になりたいと優しい言葉を並べるが、裏の顔は全く違っていたのだ。

働きながら子育てをするというのは想像以上に重労働。肉体的にも精神的にもかなりきつい。そんな女性を気づかうように「子どもを預かってあげるよ」と言って自分の家へ呼び寄せ、男は犯行に及んでいた。まるで交際するための条件が子どもを預けるということのように。

【関連】「わいせつ教師再任用反対」を阻む勢力の正体とは?現役探偵が怒りの告発

交際相手の信頼に乗じて繰り返された悪質な行為。懲役11年の刑は妥当なのだろうか。子どもたちは心に深い傷を負ってしまった。

善人のような顔をして近づき、4人もの女児を毒牙にかけた鬼畜な男。歪んだ性的欲求から起こした許しがたい事件、幼い子供たちは声を上げることができない。

シングルマザーを狙う男の手口

交際女性の娘を狙う卑劣なロリコン男たち。事件にはならなかったものの、同様の被害を受けるシングルマザーは多い。

そこにはコロナ禍における生活苦、幸せな結婚を望む女性心理など、シングルマザーの心の隙間を狙う男たちの卑劣な手口がある。

shutterstock_1511941841

image by : shutterstock

print
いま読まれてます

  • シングルマザーの“娘”を狙うロリコン男が増殖。結婚契約のゲスすぎる中身とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け