石原さとみの夫が創価学会に入信?年収5000万円でも高すぎる結婚の代償

2020.12.24
42
by tututu
石原さとみ_HP写真
 

今年10月に一般男性との電撃結婚を発表したものの、いまだ入籍が未定となっている女優の石原さとみ(34)。候補日のひとつと言われていた12月24日の誕生日を迎えたが、今のところ入籍したという発表はない(24日11時現在)。一方、お相手の男性がついに創価学会に入信したという報道があり、いよいよ結婚に向けて動き出したのではとの見方が強まってきた。

石原さとみの夫が創価学会に入信か

石原さとみの夫となる男性の創価学会入信を報じたのはデイリー新潮。記事によると、もともと男性は非信者だったが、石原と結婚するため創価学会に入ることを決めたという。

石原のハートを射止めた男性は、石原より1つ年下の33歳で、「東大卒」「年収5000万円超」の外資系金融機関に勤めるエリートビジネスマン。幼少の頃から海外で生活していたため、宗教に対するアレルギーがあまりないとされている。

【関連】吉岡里帆が真冬に“丸出し”透けバスト披露「もう脱ぐしかない」芸能界引退の瀬戸際?

石原は高校まで創価学会が関連する学校に通うほど熱心な信者で、父は創価学会の本部に勤める職員。

今年5月に密かに設立した個人事務所「株式会社SK」も、創価学会と石原自身のダブルネーミングではないかとささやかれている。

お相手となる男性が入信したとすれば、これで準備はすべて整った。これから2人は入籍に向けて加速していくとみられる。

創価学会を大切にしている石原だけに、入籍日も創価学会の記念日に合わせるのではないかという見方が強い。

【関連】石原さとみ“結婚こじらせ”は創価学会が原因?いまだ入籍日が未定の謎

創価学会にまつわる次の大きな関連行事は年が明けた1月2日。これは池田大作名誉会長の誕生日にあたり、学会員にはとても大切な日。石原が入籍日として選ぶ可能性は十分にありそうだ。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

iamge by : 石原さとみ ホリプロ 公式サイト

print
いま読まれてます

  • 石原さとみの夫が創価学会に入信?年収5000万円でも高すぎる結婚の代償
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け