時すでに遅し。進まぬワクチン接種と変異株の猛威に沈没する日本

 

政府はファイザーから年内に1億4,400万回分(7,200万人分)、モデルナから5,000万回分(2,500万人分)、英アストラゼネカ社から1億2,000万回分(6,000万人
分)の供給を受ける契約を結んでいる。

ファイザー、モデルナのmRNAワクチンでも、効果に多少の不安があるが、アストラゼネカのワクチンとなると、さらに疑念が増す。

アストラゼネカのワクチンは、チンパンジーのアデノウイルスに、コロナウイルスのSタンパク質の遺伝子を組み込んでつくる。接種すると、人体内でコロナウイルスのタンパク質が生成されるが、この過程がウイルスに感染したときと似ているため、免疫ができる仕組みだ。

しかし、南アフリカではアストラゼネカのワクチンを使用停止にしている。そのワケは2,000人が参加した治験の結果、ワクチンを接種したグループと偽薬を接種したグループとの間で、感染者数にほとんど差がつかなかったからだ。

東京に多い「E484K」の変異は、南アフリカ型と共通するため、今後、アストラゼネカ社の情報提供や関連する研究レポートに注意すべきだろう。ファイザーやモデルナは追加接種(ブースター)によって変異に対応する姿勢を示しているが、どうなることか。

筆者も案内がありしだい、若干の副作用は覚悟のうえでワクチンを打ちに行くつもりでいる。ただ、結局効かなかったり、何度も追加接種が必要になったり…と、つい嫌な想像をしてしまいがちではある。

image by: Shutterstock.com

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 時すでに遅し。進まぬワクチン接種と変異株の猛威に沈没する日本
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け