広瀬すずは橋本環奈が“大嫌い”。ドラマ『ネメシス』で初共演も仲良しアピールは見せかけ、不仲の驚くべき原因とは

2021.04.12
20
by tututu
 

女優としては広瀬すずが橋本環奈に“圧勝”

ドラマ『ネメシス』で禁断の初共演を果たした広瀬すずと橋本環奈。同い年ということで互いに意識する存在ではあるものの、女優として見た場合、広瀬の“圧勝”といって良い。

今回のドラマでは日本テレビがジャニーズに忖度して、櫻井とのダブル主演という形になっているが、実際の主演は広瀬。それに対して、橋本はだいぶ下の番手に位置している。

「もともと広瀬さんが主演することは決まっていました。そこから他の役のキャスティングをしていきますが、橋本さんの出演が決まったのはだいぶ後だったそうです。これは日本テレビが“広瀬すずと橋本環奈の初共演”という話題作りのために、キャスティングしたのではないかと言われています」(前出・芸能記者)

広瀬はNHKの朝ドラでも主演を務めた実力者。美少女キャラや学園もののヒロインばかり務めてきた橋本とは圧倒的な差がある。

「ドラマや映画業界では広瀬さんと橋本さんは同列ではありません。ランクがまったく違います。今回のドラマがコメディタッチということもあり、橋本さんはキャスティングされています。これがシリアス系のドラマであれば声は掛かっていないでしょう」(前出・芸能記者)

この現状を誰よりも痛感しているのは橋本自身。広瀬の背中はだいぶ先にある。だからこそ、橋本は広瀬と一緒に番宣に出たりする際、一歩引いたり、出しゃばらないようにしているとみられている。

【関連】本田翼「セックス禁止令」説の真偽は? CM17本契約でオトコ断ち、佐藤健&菅田将暉との熱愛消滅との観測も…

すずを利用して一発逆転を目論む橋本環奈

しかし、ここへ来て橋本環奈も路線変更に走っている。

今年3月から放送され、主演を務めている「連続ドラマW インフルエンス」(WOWOW)では本格ミステリーに挑戦。

また、2022年2月から上演される舞台『千と千尋の神隠し』(帝国劇場ほか)では、上白石萌音(23)とダブルキャストで主役の千尋を演じる予定。橋本にとっては初の舞台出演となる。

これまでの美少女や学園ヒロインから脱し、本格女優の道を進もうとしているのだ。

そんな中、今回のドラマ『ネメシス』は広瀬との実力差があることを承知の上でオファーを受けたとみられ、出演には別の狙いがあったとする見方があるようだ。

「橋本さんは広瀬さんを“利用”しようとしているのではとみられています。主演である広瀬さんを食ってしまい、存在感を示そうということです。そうでなければ、今回のドラマに出演する橋本さんのメリットが見当たりません。広瀬さんの足元をすくおうとしているのは明らかです」(前出・芸能記者)

【関連】禁断の大野抜き「4人嵐」の現実味。櫻井、二宮、相葉を囲い込む日テレ、距離を置く松本の“怒り”は爆発寸前

女優としての人気も実力も完敗している橋本環奈。今回のドラマで広瀬すずに一泡吹かせ、一発逆転することはできるのだろうか。

今後も2人の共演シーンから目が離せなくなりそうだ。

print
いま読まれてます

  • 広瀬すずは橋本環奈が“大嫌い”。ドラマ『ネメシス』で初共演も仲良しアピールは見せかけ、不仲の驚くべき原因とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け