“ポスト嵐”の加速で活動再開はもはや絶望。キンプリとSnow Manの「後継者争い」でジャニーズが日テレと対立

2021.05.18
89
by tututu
shutterstock_1623102493(ジャニーズ_トリ済み)
 

昨年末でグループ活動を休止した国民的アイドルグループの嵐。メンバーはソロで活動を続けているが、出演しているそれぞれの番組の視聴率が思わしくない。やはり嵐は5人揃ってこそという声が聞こえる中、“ポスト嵐”の座をめぐる争いが加速してきた。そこにはジャニーズ事務所やテレビ局など、関係者たちのさまざまな思惑がうごめいているようだ。

“ポスト嵐”をめぐってジャニーズと日テレが対立

嵐が活動休止をして半年近くが経とうとする中、いよいよポスト嵐の動きが鮮明化してきた。テレビ界では確実に視聴率を望める嵐のようなグループを切望。国民的アイドルグループの登場を待ち望んでいる。

特に嵐の番組を多く制作してきた日本テレビはその思いが強いと言われている。

嵐の次を担うのは誰になるのか?その一番手にどのグループを推すかでジャニーズと日本テレビの意見が合わない。ジャニーズ事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「日テレはかつてSMAPをフジテレビに抱え込まれた反省から早い段階から嵐に目を付け、20年近くにわたりレギュラー番組を持たせ続けました。SMAPと比べて時間は掛かりましたが、嵐は国民的グループに成長。だからこそ、日テレは“第2の嵐”となるグループを求めています」

日本テレビは現在、櫻井翔(39)が『1億3000万人のSHOWチャンネル』『news zero』、二宮和也(37)が『ニノさん』、相葉雅紀(38)が『I LOVE みんなのどうぶつ園』のレギュラー番組を持っているが、いずれも視聴率がパッとしない。

嵐というグループを失った影響は大きく、日本テレビは後継者となるグループを待ち望んでいる。

【関連】新垣結衣と星野源、“妊娠なし”に隠されたデキ婚の可能性。「マンション内同棲」で交際4年説、突然の結婚発表に違和感

日テレは『24時間テレビ』のMCにキンプリを大抜擢

その日テレは今年の夏に放送を予定している『24時間テレビ』のメインパーソナリティにKing & Prince(キンプリ)を抜擢することを発表した。

『24時間テレビ』といえば日本テレビの看板番組で、多くのジャニーズの先輩たちもメインパーソナリティを務めてきた。嵐はこれまでに5回もそのポジションを担っている。

「今回の抜擢は日テレがポスト嵐としてキンプリを推していこうという決意表明でもあります。キンプリは2018年にデビューして3年経ちますが、まだ冠番組を持ったことがありません。ジャニーズの若手グループには『24時間テレビ』出演を契機に冠番組を持つという流れがあるので、早ければ今年の秋にもキンプリのレギュラー番組が始まるでしょう」(前出・芸能記者)

こうした背景には長い間活動を休止していた元メンバーの岩橋玄樹(24)が正式に脱退したことがあり、日本テレビとしては動きやすくなったという見方もあるようだ。

実際に単発ではあるが、今月23日に日本テレビで『King & Princeる。』(きんぷる)という特番が放送されることが決定。キンプリにとって地上波で初の冠番組となる。

【関連】有村架純、佐藤健は断固“お断り”。「オトコ禁止令」で暴発寸前、徹底監視の仕事漬けで抱える深い闇

デビュー直後の2018年からは『ZIP』でミニコーナーをもたせるなど、早くからキンプリの囲い込みを始めていた日本テレビ。ポスト嵐として本格的に動き出したようだ。

print
いま読まれてます

  • “ポスト嵐”の加速で活動再開はもはや絶望。キンプリとSnow Manの「後継者争い」でジャニーズが日テレと対立
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け