田中みな実の悪態に明石家さんまが激怒。勘違いKY炸裂で現場騒然、マツコも共演NGで“めんどくさい女”に逆戻り

2021.07.06
635
by tututu
田中みな実_3月
 

フリーアナウンサーの田中みな実(34)が7月4日からスタートした連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)に出演し、本格的に女優業へ進出している。一方で、芸能界の大御所を怒らせるような騒動を巻き起こし、業界内では早くも女優としての行く末を心配する声があがっている。

田中みな実が明石家さんまに逆ギレの悪態?

4日に放送された『行列が出来る法律相談所』(日本テレビ系)に出演した田中。この日は2時間SPということで、明石家さんま(66)がMCを務めた。

「女優さん」と紹介されると、田中は否定しつつもまんざらではない表情。ここまでは和やかな雰囲気だったが、さんまが田中に年齢を尋ねると「女性ゲストで年齢を聞かれることがないので、ビックリしてるんですー」とコメント。

さらに「それって別に放送上言わなくて良くないですか?」とトークの流れを遮る正論で拒否。これにはさんまも呆れて年齢を聞くのを諦めてしまった。しかし、問題はその後だ。

【関連】広瀬すずと中川大志が“もらい事故”で熱愛確定!?コロナ感染で「交際バレ」が激増、仲野太賀&森川葵の同棲疑惑も再熱

田中が大好きだというフランスの有名ショコラティエ、フィリップ・ベルナシオン氏のチョコがスタジオに運ばれ、さんまが試食。「変わらへん。俺ら食べてても」と感想を漏らすと田中は絶句してしまう。

さらに「どのチョコも変わらへん。『うまいなー』はあるよ」とさんまがフォローしたものの、田中は「じゃあ、食べなくていい!」「いいですいいです無理して食べていただかなくて。私が持って帰ります」とキレ気味にまくしたてたのだ。

「さんまさんは確かに時折デリカシーのない発言や表現をしますが、それもすべて場を盛り上げるため。相手をどうやったらおもしろく見えるか考えながら喋っています。にもかかわらず、今回は田中さんが自分の趣味嗜好を押し付けた揚げ句、キレてしまったように見えました。さんまさんに悪態をついたように映り、田中さんにとってはマイナスになってしまいました」(芸能事情に詳しい週刊誌の記者)

その後も2人のやり取りは上手くいったとはいえず、田中の面倒くささにさんまがイライラする場面も。険悪な雰囲気ばかりが目につき、田中とさんまの絡みは失敗だったといえそうだ。

【関連】吉岡里帆が狙う“セクシー下剋上”。新垣結衣との「男を巡る」戦いに圧勝、Fカップバスト解禁&グラビア凌ぐ脱ぎっぷりにファン歓喜

マツコやカトパンも!?芸能界に敵が多い田中みな実

あざとかわいいキャラが定着し、その美意識の高さで女性たちからの支持も高いと言われる田中みな実。しかし、一方では扱いづらいキャラクターが災いしてか芸能界では敵も多い。

たびたび話題になるのがタレントのマツコ・デラックス(48)で、かつて番組で共演した際にマツコが田中をイジったところ、田中が泣き出してしまうというハプニングが起きた。

まるでマツコがいじめたようにみえ、そこから田中とマツコは犬猿の仲に。マツコは田中みな実が共演NGであることを公言しており、「“プロレス”ができるなら良いけど、ただの悪口になっちゃう。だからやめる」と語っている。

また、同じフリーアナウンサーで6月に結婚したことを発表したカトパンこと加藤綾子(36)とも共演NGだといわれている。

カトパンがMCを務める『ホンマでっか!?TV』(フジ系)に田中が出演し、笑顔で不仲説を一蹴したこともあったが、実は“ガチ”の犬猿の仲だという。

「先にフリーになったのは田中さんですが、女優業に進出したのは加藤さんが先。その加藤さんが出演したドラマ『ブラックペアン』はもともと田中さんがやる方向だったといい、それを加藤さんに取られたことが確執の原因ではとみられています。田中さんは負けず嫌いな性格ですから、メラメラとライバル心を燃やして不仲になったといわれています」(前出・芸能記者)

【関連】長瀬智也の“折込チラシ”デビューでわかったTOKIO再始動のXデー。『白線流し』コラボに酒井美紀も参戦、脱ジャニーズで年末復帰の可能性

芸能人とはいえ誰と合う、誰と合わないがあるのは仕方ない。しかし、それが多くなってしまえば、自らの首を絞めることになってしまう。芸能界で生きていく以上、あまり敵は多く作らない方が良さそうだ。

print
いま読まれてます

  • 田中みな実の悪態に明石家さんまが激怒。勘違いKY炸裂で現場騒然、マツコも共演NGで“めんどくさい女”に逆戻り
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け