台湾人が大谷翔平に熱狂する理由。知られざる日本と台湾「絆の歴史」

kou20210715
 

投手と打者の二刀流で八面六臂の活躍ぶりを見せ、アメリカ全土を熱狂させている大谷翔平選手ですが、台湾でも大人気となっているようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、まさに大谷選手の一挙手一投足に大きく報道する台湾メディアと、台湾の人々の反応を紹介。さらに台湾野球の発展に大きく貢献したとある日本人の功績を記すとともに、「台湾野球は日本野球の弟であり、日本野球の至宝である大谷選手は台湾にとっても至宝」と結んでいます。

【関連】なぜ大谷翔平はグラウンドに落ちているゴミをわざわざ拾うのか

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2021年7月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

【日台】日本の至宝・大谷翔平はなぜ台湾の至宝でもあるのか

MLB明星賽》大谷翔平二刀流奪勝投史上第一 美聯退國聯摘8連勝(大谷翔平の二刀流での勝利は史上初。アメリカンリーグがナショナルリーグを退け8連勝)

7月14日はアメリカでオールスター・ゲームが開催され、史上初、投打の二刀流で出場した大谷翔平選手が勝利投手となりました。日本では連日、大谷翔平選手の活躍が報じられていますが、野球人気が高い台湾では、日本のプロ野球がケーブルテレビで見られることもあって、以前から大谷選手の存在を知る人も多く、日本同様に大谷フィーバーが起こっています。「自由時報」では、オールスターの様子を写真と映像で詳細に報じていますが、そこでも、注目選手として大きく取り上げられたのは大谷選手でした。

このメルマガでも3年ほど前に、アメリカでの大谷翔平フィーバーと、日本のみならず台湾、韓国での熱狂ぶりを報じましたが、さらにそこから歴史に名を残すほどの選手になったことは、非常に喜ばしいことです。

黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」バックナンバーリスト 2018年04月

以前のメルマガでは、大谷選手の所属するエンジェルスの本拠地ロスアンゼルスについて、韓国ロビーによって慰安婦像が建てられ、日本人子弟への偏見やいじめが報告されているなかで、大谷選手の活躍は、現地の日本人に非常に大きな勇気を与え、誤った日本人像を正す機会にもなるだろうと論じました。

昨年から武漢発コロナウイルスが大流行して死者が多発したアメリカでは、アジア人襲撃事件が頻発しました。そんななか、大谷選手の偉業は、アジア人の名誉を回復し、偏見を打ち砕くことにも大いに役立っていると思います。そういう意味では、アジア人の救世主だとも言えるのではないでしょうか。

大リーグのインデアンスには、張育成という台湾人選手がいます。5月にエンジェルスと対戦した際、一塁手の張選手が、出塁した大谷選手から「陽岱鋼選手を知っていますか?」と、日本で一緒にプレーした台湾人選手の名前を挙げて声をかけられ、2人で談笑したというエピソードが、台湾で大きな話題となりました。

【MLB】「陽岱鋼を知ってますか?」大谷翔平、満面の笑顔を見せた“一塁上の会話”に注目

7月5日は大谷選手の誕生日だそうですが、この日、大谷選手を打ち取った相手チームの選手が、「誕生日おめでとう、クソ野郎!」と罵ったというニュースが流れましたが、これに対してなぜか日本よりも台湾で炎上し、批判的な声が次々と上がったということが、わざわざ報じられるほどでした。それほど台湾では大谷選手の好感度が高いのです。

大谷翔平に暴言吐いた投手が釈明「彼に言ったのではない」=台湾でも注目「自己中」「大したことじゃない」

加えて、台湾は新型コロナの感染拡大で、野球の東京五輪最終予選への出場を断念しました。五輪の野球に台湾チームは不参加となったことで、より日本野球への関心が高まったともいえるかもしれません。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

print
いま読まれてます

  • 台湾人が大谷翔平に熱狂する理由。知られざる日本と台湾「絆の歴史」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け