清原和博が巨人復帰か。中田翔の移籍で透ける原監督の思惑、疑問だらけのトレードは「問題児獲得の既成事実作り」だった

2021.08.24
1439
by tututu
清原和博
 

暴力事件を起こしたにもかかわらず、無償トレードで巨人に移籍した中田翔に対して波紋が広がっている。そもそもなぜ巨人が中田を獲得したのか?中田のポジションには複数の有力選手がいて、何も焦ってまでいわくつきの選手を戦力補強をする必要はない。実はそこに原監督のしたたかな戦略が見て取れる。

中田翔獲得の先にあるのは清原和博の巨人復帰か

今月22日、東京ドームで行われたDeNA戦に「5番一塁」で初のスタメン出場をした中田は、3点を追う七回、移籍後初本塁打となる挨拶代わりの2ランを放った。これにはネット裏で観戦していた長嶋茂雄終身名誉監督も大喜び。ガラスをたたいて歓喜した。

問題を起こして日本ハムを退団、その中田を救った巨人で移籍後すぐにホームランを放ったことで、まるで“美談”のようになっているが、「そんな簡単な話ではない」とスポーツ紙の記者は語る。

「原辰徳監督が中田の視線の先に浮かべているのは清原和博です。そのやんちゃぶりや番長キャラで何かと比較される中田と清原ですが、中田という問題児を救って“既成事実”を作ることで、原監督は清原復帰への道筋を作ろうとしているとみられます」

ご存知の通り、清原は2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。数々の記録を打ち立てただけでなく、多くの人たちの記憶にも残る選手だったが、この一件以降は野球界から“腫れ物”扱いされてしまっている。

しかし、昨年6月で執行猶予期間が終了。逮捕後は薬物とも縁を切り、積極的に啓蒙活動にも参加していることから、徐々に風向きは変わりつつある。

【関連】戸田恵梨香、結婚生活が破綻寸前?松坂桃李の激やせ理由は「役作りではない」、すれ違いによる“夫婦仲の亀裂”が原因か

清原に手を差し伸べようとしている原監督の思惑

清原は西武からFA宣言して、1997年から2005年まで9年間巨人に在籍したが、原監督の第一次政権時代に選手としてプレー。共に戦った仲間である。

「当時の2人の距離感は特別近いものではありませんでした。とはいえ、お互いに巨人の4番を背負った人間として、気持ちが通じるところがあります。叩かれたり、挫折を味わったりと、輝かしいだけではないのが巨人の4番。リスペクトする気持ちがお互いにあるはずです」(前出・スポーツ紙記者)

清原は7月10日に行われた巨人-阪神戦で、解説者として復帰を果たした。

縁深い甲子園球場での解説復帰とあって、清原を一目見ようと多くの野球ファンが駆け付けたが、試合後に珍しい光景を目にすることができた。

巨人の勝利で終わったこの日、解説席に座る清原の姿を見つけた元木大介ヘッドコーチが、原辰徳監督と宮本和知投手コーチを呼び寄せ、3人で清原に向かって手を振ったのだ。

その姿に解説席から立ち上がり、何度も何度も頭を下げ、手を振り返した清原。「なんか泣きそうですね。来て良かった」と目を潤ませた清原は、「まさか原さんがバックネット裏に向かって手を振ってくるとは夢にも思わなかった。今まで頑張ってきて本当に良かったと思います。ありがとうございます」と語った。

【関連】上白石萌音が“容姿イジリ”で悲痛な叫び。佐藤健の擁護が裏目?心をえぐる誹謗中傷、苦しい胸の内明かし我慢の限界か

そうした良好な関係性もある原監督と清原。実は原監督が清原を球界復帰させようとしていることは、その条件が整いつつあるという背景も影響していた。

print
いま読まれてます

  • 清原和博が巨人復帰か。中田翔の移籍で透ける原監督の思惑、疑問だらけのトレードは「問題児獲得の既成事実作り」だった
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け