元朝日新聞の校閲センター長が考える「本当に上手い文章」の定義

 

スーッとわかる文章は、上手いのか

新聞記事は、淀みなく読めて内容がスーッと頭に入ってくるように書かれています。アレッと思い、読み返さなくてはならない記事は、失格です。しかし、事件・事故の記事を読んで「上手いなあ」と思うことはないでしょう。

新聞のコラムはもちろん内容や視点が重要で、読み手の期待もそこにあります。しかしそのベースは、淀みなく読めて内容がスーッとわかりやすく書けることなのです。コラムは、それが身に備わった「上手い」記者が担当しているのです。

ちょっと嫌味な言い方をすると、わかりやすい文章が「上手い」と評価できるのは、文章が上手く書ける人なのです。一般的に、文章の良し悪しをわかりやすいかどうかという評価軸で、考えることはありません。

ピアノやバレエ、野球などに「わかりやすい」という評価は存在しません。「基本に忠実」という言い方はあるものの、やはり「超絶技巧」という誰にも真似できない圧倒的な技術のうえに、表現という評価が加わるのです。

基本こそが超絶技巧

文章においては「わかりやすい文章」こそが、超絶技巧であると僕は考えています。一般的には、わかりやすさが高度な技術だとは理解されません。それは基本のことだと思っているので、評価軸に載せることがないのです。

誰もが文章を書くことができます。文章が書けるからといって、必ずしも基本をマスターしていることにはなりません。しかし、文章が上手くなりたいと思う人は、そこに注目せず、修辞とか比喩とかを使いこなせるようになりたいと思うのです。

上手く書くには主語と述語を明確にしましょう、と言っても「そんな基本中の基本をいまさら教えてもらわなくていい」「それで文章が上手くなるわけではないではないか」という反応が少なからずあるのです。基本に立ち返るのに、わざわざお金を払う必要もないですものね。

ところが僕たちのほとんどは、わかりやすく文章を書く基本すら、学んでこなかったのです。そして、その基本こそが文章の超絶技巧なのです。そこに気づくかどうか。

文章は誰でも書けるが、誰もが書けない。

とは、そういうことなのです。

朝日新聞の元校閲センター長・前田安正さんが教える、上手い文章を書くコツを伝授するメルマガの詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Shutterstock.com

前田安正この著者の記事一覧

未來交創株式会社代表取締役/文筆家 朝日新聞 元校閲センター長・用語幹事 早稲田大学卒業、事業構想大学院大学修了 十数年にわたり、漢字や日本語に関するコラム「漢字んな話」「漢話字典」「ことばのたまゆら」を始め、時代を映すことばエッセイ「あのとき」を朝日新聞に連載。2019年に未來交創を立ち上げ、ビジネスの在り方を文章・ことばから見る新たなコンサルティングを展開。大学のキャリアセミナー、企業・自治体の広報研修に多数出講、テレビ・ラジオ・雑誌などメディアにも登場している。 《著書》 『マジ文章書けないんだけど』(21年4月現在9.4万部、大和書房)、『きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける』(すばる舎/朝日文庫)、『漢字んな話』(三省堂)など多数。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料お試し登録はこちらから  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 前田安正の「マジ文アカデミー」 』

【著者】 前田安正 【月額】 ¥660/月(税込) 初月無料 【発行周期】 毎月 5日・15日・25日

print
いま読まれてます

  • 元朝日新聞の校閲センター長が考える「本当に上手い文章」の定義
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け