「安倍隠し」に血税1億。森友裁判“認諾”に怒らぬ日本国民の腑抜けぶり

 

赤木雅子さんは、今回の決定に落胆し、抗議するとともに、岸田文雄首相に再調査を求めている。岸田首相は「この問題に真摯に向き合う」としながらも、再調査について「必要ない」とすげない態度をとり続ける。

しかし、これで幕引きをさせてはならない。毎年、各省庁の予算に賠償を想定した額が計上されているとはいえ、国民の血税を使うのだから、国会できっちり説明責任を果たしてもらいたい。そのためにも、再調査をするのが真摯な姿勢といえるのではないか。

国を相手にした赤木さんの訴訟は突然、断ち切られたが、佐川氏に550万円の損害賠償を求めた裁判は継続中である。

佐川氏はいわゆる“天下り”をしていないと聞く。想像するに、マスコミから逃れるようにひっそり暮らしているのだろう。もはや、忖度するような相手はいないはずだ。全てを明らかにして、すっきりしたらどうだろうか。

国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Gil Corzo / Shutterstock.com

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 「安倍隠し」に血税1億。森友裁判“認諾”に怒らぬ日本国民の腑抜けぶり
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け