松本潤、主演ドラマ“大爆死”で崖っぷち。『となりのチカラ』低視聴率で打ち切りの危機、作品をぶち壊した人物とは

2022.03.16
194
嵐_松潤
 

活動休止中のジャニーズグループ「嵐」の松本潤(38)がかつてないピンチを迎えている。現在放送中の主演ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)が視聴率1桁台をばく進中、もはや浮上のきっかけすらつかめていない。満を持して挑んだ意欲作だが、予想外の結果となってしまった原因はどこにあるのだろうか?芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんがズバリ、その“犯人”を指摘しています。

ドラマ『となりのチカラ』視聴率惨敗のワケ

『となりのチカラ』が大変なことになっているようです。

『嵐』松本潤のテレビ朝日での初連ドラ出演や、その妻役に上戸彩という話題で“新世代ヒーロー誕生!”と盛り上げ、初回の視聴率も11%台を記録したのですが…。

その後数字は右肩下がり、第6話では8%を切り“危険水域”に突入してしまったのです。口の悪い局幹部の中には“みっともないから打ち切り、打ち切り!”なんて半分ジョークを口にする輩もいるようです。

オンエア前に松潤は、“失敗しないドクターの次に、失敗だらけの中途半端な男を演じることになりました”と、同じ木曜10時枠の『ドクターX~外科医・大門未知子~』を意識した発言をしました。

ところが米倉涼子超えどころか、水面下で同局と交わしていた続編の企画も反故にされるだろう…と噂されるほどの結果になってしまいました。

新しい金脈を模索していたテレビ朝日としても“せっかく松潤を引っ張り出したのに…”と頭を抱えているのが本音でしょう。

関係者に取材してみると、どうやら視聴率低迷の要因は脚本だという声が多く聞かれました。

このドラマは2011年の『家政婦のミタ』で社会現象まで作り出し、最終話では視聴率40.0%という驚異的な数字を叩き出した遊川和彦が脚本(1話と4話は演出も)担当していますが、“芸に溺れた…”という内緒話がチラホラと聞こえてきます。

ドラマを面白くしようとする余り、役を作り過ぎたと指摘する関係者が少なくないのです。

これに更に火に油を注ぐ形となったのが、遊川の現場介入だと言われています。

ベテランの芸能マネージャーは「昔からドラマの書き手が現場で口出しするとろくなことがない…と言われているんですよ」と芸能界の慣習を披露してくれました。

1回手を離れた本は、現場の演出家に任せた方がその作品の完成度は高くなるというわけです。

【関連】知られざるパパ活アイドルの実態。「乃木坂46」中西アルノは氷山の一角、芸能界に蔓延する深い闇

また別の関係者は、松潤が台詞の多さに大変な思いをしているという話をしてくれました。

print
いま読まれてます

  • 松本潤、主演ドラマ“大爆死”で崖っぷち。『となりのチカラ』低視聴率で打ち切りの危機、作品をぶち壊した人物とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け