ドロ沼不倫DragonAsh降谷とMEGUMI離婚へ、首を傾げたトンデモ結婚報告から15年…芸能記者が天から聞こえた古谷一行の声

2023.09.29
PXL_20230929_081027331
 

Dragon Ashの降谷建志に文春砲が飛び出し、妻のMEGUMIと別居、そして離婚に向けて話が進められていることが報じられました。このニュースに、結婚報告当時から問題視していたという芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんは、亡き父・古谷一行の「天からの声」が聞こえるほど、降谷の女癖の悪さとMEGUMIの今後を案じています。

降谷建志、MEGUMIの泥沼不倫離婚に聞こえてきた、あの人からの天の声

『Dragon Ash』降谷建志の“泥沼不倫”が『週刊文春』に報じられ、直撃された妻・MEGUMIは別居の事実を、降谷は離婚することを明言しました。

文章を読む限り、「不貞関係にあります」と語る友人か、もしくは不倫相手からのリークは間違いないでしょう。

芸能人がいちばんやってはいけないと言われる“ファンに手を付ける”行為や、バンドスタッフの「知らないのはMEGUMIさんだけ」の証言に、古谷一行さんはどんな思いで空から見ているのでしょうね。

降谷とMEGUMIで私がすぐに思い出すのは、今から15年前、マスコミ各社に送られた結婚報告のFAXの文面です。

「赤ちゃんを授かったので、本日入籍しました」

まぁそれ以上でもそれ以下でもないのでしょうから、正直と言えば正直なのでしょうが、当時は担当の編集者と顔を見合わせ「この2人、本当に大丈夫か?」と苦笑いしたのを覚えています。

すると案の定、翌日から編集部には、ハンパない数の降谷の女性関係におけるタレこみ電話やFAXが殺到したのです。

そんなことを目の当たりにしていた私は今回の『週刊文春』の記事に、“15年もよく離婚せずに過ごしてきたもんだなぁ…”なんて感心してしまう程です。

結婚報告があった当日から“添い遂げることは無いんだろうな…”と感じさせる2人だったわけです。

この夫婦に関して妙な胸騒ぎのようなものを感じたのは、彼女が昨年春に突如としてEテレの『大西泰斗の英会話☆定番レシピ』にレギュラー出演し始めたことでした。

print
いま読まれてます

  • ドロ沼不倫DragonAsh降谷とMEGUMI離婚へ、首を傾げたトンデモ結婚報告から15年…芸能記者が天から聞こえた古谷一行の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け