サイゼリヤの社員登用試験で「ペーパーテストがなくなった」驚きの理由

4,3,2021,Customers,Sit,In,Spacious,Saizeriya,,A,Japanese
 

サイゼリヤの創業者・正垣泰彦氏に口説かれて、13年間も同社の社長を務めたという堀埜一成氏。彼から見たサイゼリヤ、そして彼が変えたサイゼリヤはどのようなものだったのでしょうか?そのことについて書かれた話題の本を、無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者である土井英司さんが詳しく紹介しています。

【良本です。】⇒『サイゼリヤ元社長が教える年間客数2億人の経営術』

811SKxU1KdL._SL1500_

サイゼリヤ元社長が教える年間客数2億人の経営術

堀埜一成・著 ディスカヴァー・トゥエンティワン

こんにちは、土井英司です。

本日ご紹介する一冊は、年間客数2億人、国民的人気を誇るイタリアンレストランチェーンに成長した、サイゼリヤの経営の秘密に迫った一冊。

著者は、創業者・正垣泰彦氏に口説かれ、2009年から2022年まで13年間社長を務めた、堀埜一成氏です。

京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科を修了し、味の素で発酵技術研究所の研究室長まで行った著者が、正垣氏に口説かれて入社するのですが、そのエピソードが既に面白い。

「食堂業の産業化をやってくれ」と言われ、入社したらなぜか農業をやらされ、のちに「おまえみたいなやつは、デカい話をしたら来るんだよ」と言われたという話は、噴飯ものでした。

ちなみに、この時連れて行かれた1人数万円はする高級ホテルのディナーで、正垣氏は「これ、うまくないだろ?」と言って、著者を驚かせたそうです。

要するに、「売るための料理」と「毎日食べるための料理」は違う。おいしさの定義が違うというわけです。

まさにポジショニングの違いですね。

サイゼリヤは、創業者・2代目ともに理系出身の経営者ですが、そのロジカルを極めた経営術が、本書では公開されています。

なぜ広告を打たないのか、なぜミラノ風ドリアを税込300円で出せるのか、なぜキッチン面積を最小化し、客席を最大化できるのか、なぜ大企業なのに社内政治が存在しないのか……。

創業者、正垣氏の本も驚きの連続ですが、2代目社長・堀埜氏の経営アプローチも負けないぐらいぶっ飛んでいて魅力的です。

読んで初めて知ったのですが、じつは土井プロデュースの書籍『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ』が、サイゼリヤの経営に影響を与えていたとのことで、嬉しく思いました。

ぜひ、創業者・正垣氏の名著『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ』と併せて読んでみてください。

サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ

print
いま読まれてます

  • サイゼリヤの社員登用試験で「ペーパーテストがなくなった」驚きの理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け