同じ方向へ向かう2組の足跡。中国が消した「北朝鮮との“蜜月”」の象徴

Shoe,Print,On,The,Beach,Sand
 

北朝鮮と中国それぞれの首脳が散歩をしながら談笑した記念の足跡銅板、これが撤去されていたことがわかりました。無料メルマガ『キムチパワー』の著者で韓国在住歴30年を超え教育関係の仕事に従事している日本人著者が、その詳しい内情を紹介しています。

「中朝密月の象徴」金正恩の足跡銅板が中国から消えた

2018年5月、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の中国大連訪問当時、習近平国家主席と散歩しながら親交を深めたことを記念して設置されたとされる「足跡銅板」が最近除去されたことが分かった。

6月10日、複数の消息筋によると、当時の金正恩と習主席が散歩しながら談笑した大連郊外の休養地、防秋伊島(バンチュイダオ)の海辺にあった足跡の銅板を今は見つけることができない。

北朝鮮事情に詳しい消息筋を通じて中央日報が入手した最近の写真によると、銅板があった場所には黒いアスファルトコンクリートで覆った跡だけが残っている。中央日報は過去に銅板が設置されている写真も入手したが、そこには同じ方向に向かう2組の足跡が並んで写っていた。

中国側が特別に銅板設置と関連した事実を公式に発表したことはないが、現地では金正恩と習主席が散歩したことを記念して両首脳の足跡を真似て作ったと広く知られているという。

このような状況から見て、外交界では朝中両国首脳の足跡を消したのは、習主席の承認がなかったら不可能なことだという分析が出ている。該当事案に詳しい現地消息筋は「中央から指示が降りてきて除去した可能性が高い」と話した。

別の消息筋は、「バンチュイダオビーチ近くの食堂の『7号閣展示室』も閉鎖されたと聞いている」とし、「該当展示室には金日成(キム・イルソン)、金正日(キム・ジョンイル)がバンチュイダオを訪問した当時の写真などが展示されており、金正恩も訪問したところだ」と話した。

足跡銅板と展示室閉鎖の正確な時点は確認されていないが、現地でもこのような一連の措置が通常ではないと見る見方が多いという。

統一研究院のオ・ギョンソプ研究委員は「このような変化は朝中関係に問題があったり、どんな理由であれこれ以上銅板を維持・管理する必要性がなくなったためと見られる」と話した。

当時の朝中の出会いの象徴性を考慮すれば、こうした疑問はさらに深まる。金正恩は当時、ドナルド・トランプ米大統領との1回目の朝米首脳会談(2018年6月12日)直前に大連を電撃訪問した(同年5月7~8日)。

事実上「作戦会議」だった。専用列車ではなく、専用機(チャムメ-1号・IL-62M)で訪中した金正恩は、公式会談歓迎晩餐-バンチュイダオ海岸散策-昼食へとつながるハードな日程を習主席とともに消化したが、ハイライトは海辺散策だった。

当時、両首脳は通訳だけ同行したまま並んで歩き、親交を誇示した。防秋伊島(バンチュイダオ)は毛沢東時代から中国指導者たちがトップクラスの外国人との会談や休養のために訪れたところだ。金正恩の祖父である金日成主席も数回訪問した。金正恩と習主席の「散歩外交」がここで行われた背景でもある。

print
いま読まれてます

  • 同じ方向へ向かう2組の足跡。中国が消した「北朝鮮との“蜜月”」の象徴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け