Appleの時価総額を500兆円超にまで押し上げたAI技術「Apple Intelligence」をGoogle日本元社長がポイント解説

Dhaka,bangladesh,11,June,2024:apple,Logo,Is,Displayed,On,Smartphone,And
 

人工知能の分野において、これまで時代をリードしてきた企業らしからぬ「出遅れ」が指摘されてきたApple。そんなIT大手が満を持して発表したAIへの取り組みが大きな話題となっています。今回のメルマガ『『グーグル日本法人元社長 辻野晃一郎のアタマの中』~時代の本質を知る力を身につけよう~』では、『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』等の著作で知られる辻野さんが、同社のAI技術「Apple Intelligence」のポイントを整理し解説。さらにその将来の姿についても考察しています。
※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:アップルがWWDC2024でApple Intelligenceを発表

プロフィール辻野晃一郎つじの・こういちろう
福岡県生まれ新潟県育ち。84年に慶応義塾大学大学院工学研究科を修了しソニーに入社。88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。VAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等の事業責任者やカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、グーグル日本法人代表取締役社長を務める。2010年4月にグーグルを退社しアレックス株式会社を創業。現在、同社代表取締役社長。また、2022年6月よりSMBC日興証券社外取締役。

アップルがWWDC2024でApple Intelligenceを発表

生成AIの出現で激化している3つ巴4つ巴のテックジャイアントやベンチャーたちのAI開発合戦の渦中において、断片的にFerret等の発表はあっても出遅れ感が強かったアップルですが、米国時間6月10日のWWDC2024(Worldwide Developers Conference、世界開発者会議)において、ようやくAIへの取り組みの全容を発表しました。

ワシントン・ポスト紙は、グーグルが今年、AIに四半期ごとに120億ドル(約1兆8,000億円)を投資し、マイクロソフトも直近の四半期で140億ドル(約2兆2,000億円)を投資したことから、今後もAI投資はさらに過熱する見通しだと報じていますが、アップルの発表は、ユーザーとアナリストの双方から長く待ち望まれていたものでもあります。

既に多くの速報が出回っていますが、本件を取り上げないわけにもいかないので、私見も交えてポイントを簡単に整理しておきます。

ちなみに、発表の翌日11日の同社の株価は一時7%上昇して終値はこれまでの最高値を8ドル上回る207ドルに達し、ナスダック上場以来最高値を更新し、翌日も更に上がっています。その結果、同社の時価総額は、円換算でついに500兆円を超えました。トヨタの10倍です。現段階で500兆円超えの企業はマイクロソフトとアップルの2社だけで、エヌビディアがそれに続いています。

今回の発表における最大のメッセージは、「Apple Intelligence」と名付けた同社のAI技術を、iOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaに組み込むということと、OpenAIのGPTへのアクセスもこれらに統合する、ということでしょう。

「Siri」はアップルのAI戦略において重要なUI(ユーザーインタフェース)ですが、iPhoneユーザーは、Siriとより自然な会話が出来るようになり、Siriをデジタルアシスタントとしてさまざまなことが出来るようになります。他社との差別化の要素としては、ユーザーのプライバシーに配慮しつつ、よりパーソナルコンテキストに基づいたアシスタントをしてくれるということのようです。

この記事の著者・辻野晃一郎さんのメルマガ

登録はコチラ

print
いま読まれてます

  • Appleの時価総額を500兆円超にまで押し上げたAI技術「Apple Intelligence」をGoogle日本元社長がポイント解説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け