阪急百貨店の補助犬「入店拒否」問題でわかった日本人の認識不足

shutterstock_146218349
 

先日、ある百貨店で聴覚障害者の女性が聴導犬の同伴を断られて大きな波紋を呼びました。このような事態を防ぐためには、大手百貨店でも周知されていないという「身体障害者補助犬法」を知っておかなければなりません。これについて、メルマガ『目指せ! 販売の達人 ~販売力向上講座~』で詳しく紹介しています。

補助犬入店拒否の問題とは

先日、阪急百貨店うめだ本店内の喫茶店2店舗で聴覚障害者の女性が聴導犬の同伴を断られていたことが公になり波紋を呼んでいます。

当日、同じフロアで補助犬啓発イベントが行われていた直後の話だったこともさらに話が大きくなっている要因でしょう。

この話題を知って私も色々と調べました。

そして恥ずかしながら、私自身もまったくこの問題について認識できていなかったことを知りました。

学んだ情報について、これはかなりの数事業者・販売員知らないことだとも感じるので、今後の接客においてトラブルを避けるためにもお伝えしたいと思います。

まず最初に知っておきたいこと。

店舗構えている側(飲食店含む)は補助犬の入店受け入れることが”法律で義務づけ”られています。

※参考
身体障害者補助犬法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO049.html
第七条、第九条において
『不特定かつ多数の者が利用する施設を管理する者は、当該施設を身体障害者が利用する場合において身体障害者補助犬を同伴することを拒んではならない』

と明記されています。

(この限りではないことにも記載がありますが、これは『著しい損害が発生し、又は当該施設を利用するものが著しい損害を受けるおそれがある場合』とあるため、該当することはごくまれでしょう)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 阪急百貨店の補助犬「入店拒否」問題でわかった日本人の認識不足
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい