世界の新たなブームは抹茶。「高くても日本産のMATCHAがいい」

2016.04.21
2299
by erihiro(まぐまぐ編集部)
shutterstock_244203049 copy
 

日本人が鎌倉時代から飲んでいるという抹茶が、最近は世界中でブームだというのです。都市部には抹茶カフェがオープンし、抹茶の入れ方を説明する英語サイトも増えてきました。抹茶ファンが増える中、「高くても日本産の抹茶がいい」という声も聞こえてきます。

世界中で「抹茶ブーム」が到来!

緑茶の一種である抹茶にはカテキンカフェインミネラルなどの様々な成分が含まれており、高血圧抑制老化抑制糖尿病予防などに効果的であるといわれています。

最近では、こうした抹茶の効果が海外でも知られるようになり、スーパーフードとして認知されているようです。

以前なら、Green Tea(緑茶)という言葉で一括りにされていましたが、いまではMatchaという言葉でも通じるようになってきました。

ニューヨークの抹茶ブームの火付け役になったと言われているのが「MATCHABAR」(マッチャバー)。

マックスさんとグラハムさんの兄弟コンビが2014年にオープンした抹茶カフェです。

しかも、抹茶はお茶の産地である愛知県西尾市から取り寄せているという本格派。

ただ抹茶商品を売るだけではなく、お店のサイトには抹茶の効用を詳しく伝えるページ「MATCHA101」もあります。

もっとディープに知りたいという希望者には、抹茶についての特別なプライベートレッスンも開くそうです。

ちょっと受けてみたいですね。

スクリーンショット 2016-04-21 17.19.30

これがMATCHABARの抹茶ドリンクだ

 

Matchabar

MATCHABARのドリンクを楽しむニューヨーカー

 Image by: Instagram(@matchabarnyc

アメリカだけではありません。

先日、オーストラリア・メルボルンにも初の抹茶カフェがオープンしました。

その名も「Matcha Mylkbar」。

7種類の抹茶ドリンクだけでなく、抹茶を使ったパンケーキブリオッシュなども提供し、全メニューベジタリアンとのことです。

VOGUEによると、このカフェは抹茶パウダーをオンラインで売っている「MATCHA MAIDEN」が経営しています。

もともと日本に旅行した際に見つけた抹茶のヘルシーさに感激してカフェ文化が根付いているオーストラリアにチャンスを見いだしてオープンしたとのこと。

抹茶のパンケーキに、抹茶スムージー。

なんだか美味しそう!

抹茶パンケーキ。ちょっと食べてみたいかも

 

スクリーンショット 2016-04-21 17.44.28

パワーがつきそうな抹茶ボール

 

スクリーンショット 2016-04-20 17.39.42

飲みごたえありそうな抹茶スムージー

 Image by: Instagram(@matcha_mylkbar

その他、オンラインメディアでも抹茶の美味しい入れ方や、抹茶の効能など、たくさんの記事が見られます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 世界の新たなブームは抹茶。「高くても日本産のMATCHAがいい」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい