25年前と変わらぬ体質。電通が学ぶべきだったハインリッヒの法則

shutterstock_198281288
 

大手広告代理店「電通」に勤める女性新入社員の自殺。実は25年前にも電通は同様の事故を起こしていましたが、「表沙汰にならない」努力のみをした結果が生んだ今回の悲劇でした。無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では、このような事件を二度と起こさないために企業が知っておくべき「ハインリッヒの法則」が紹介されています。

ハインリッヒの法則

みなさんもご存知のとおり、「電通」の新入社員の女性が昨年末に自殺しました。長時間の過重労働によるものです。パワハラがあったという報道もあります。

電通では、25年前にも同様の事件を起こしています(これが有名な「電通事件」と呼ばれるものです)。

従業員の安全・尊厳・命を軽視する企業姿勢は、25年前と何一つ変わっていなかった。25年前の事件を教訓に、二度と同様の事件を起こさないよう努めるのが、良識ある企業です。しかし、「電通」に限っては、25年前と同様の事件が二度と表面化しないよう、表沙汰にならないように努力してきたとしか思えません。企業体質を変えるのではなく、ただただ、事件の表面化を隠すための努力を重ねてきたのではないでしょうか。

みなさんは、「ハインリッヒの法則」というものをご存知ですか? ハインリッヒの法則とは、1つの重大労働災害の背後には、29の軽微な事故があり、その背景には300のヒヤリとするようなことが存在するという法則です。「1:29:300の法則」とも呼ばれます。

今回の電通の事件では、自殺という最悪の労働災害が発生しましたが、この法則に従えば、その背景には、29件の軽微な事故と300件のヒヤリ・ハットが発生していることになります。軽微な事故が起こったときに、再発防止に真剣に取り組んでいれば、「という最悪の労働災害は防げたはずです。

「電通」においては、この「死」という重大災害以外にも、おそらく多くの従業員が体を壊したり、心を病んだりして、働き続けることができずに退職したり、長い闘病生活を余儀なくされたりしていることでしょう(これらも当然、重大労働災害にあたります)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 25年前と変わらぬ体質。電通が学ぶべきだったハインリッヒの法則
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい