なぜイチローは「ウェイトトレーニング」をパタッとやめたのか?

shutterstock_1506624
 

40歳を越えてもなお現役メジャーリーガーとして活躍するイチロー選手がウェイトトレーニングをしないことはよく知られています。無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』では、著者で現役弁護士の谷原誠さんが、イチロー選手が筋トレをやめた理由とその考え方を紹介しつつ、「英語学習」を例に取りビジネスパーソンとしての自己研鑽のあり方について持論を展開しています。

イチローはなぜ筋トレしない?

こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

今回は、おなじみ、メジャーリーガーのイチロー選手のお話をします。

イチロー選手は、42歳となった今もトップ選手であり続けています。バッティングはもちろん、走力、フィールディング、送球などに衰えは見えず、大きなけがもありません。

また、ベテラン選手になると体つきが変わってしまうものですが、イチロー選手の体は見るからにシャープかつ柔軟。どのような体作りを行っているのか、プロの間でも興味の的となっています。

イチロー選手も、トレーニング方法には試行錯誤があったといいます。一時期、メジャーリーガーのパワーに対応するため、ウェイトトレーニングでの筋力アップに力を入れていた時期があったといいますが、それをやめたそうです。

その理由は、ウェイトトレーニングを行うと目に見えて筋肉が大きくなるので、うれしくなって続けるものの、実際の野球のプレイをすると、体の回転が鈍くなり、スイングスピードが落ちてしまう事に気づいたから。また、筋肉を大きくすると、それを支える関節や腱など、自分がもともと持つ、鍛えにくい部位とのバランスが崩れ、故障しやすくなるとも感じたからだそうです。

結局、行きついたのは、野球で行われる動作を、正しいフォームで反復して行うシンプルな練習。打つ、走る、投げるといった動作を研ぎ澄ませることに集中し、良いコンディションを保っているのだそうです。

イチロー選手は、冗談めかして、面白い表現をしていました。

「トラやライオンは、(獲物をとるために)ウエイトトレーニングはしないでしょう」。

このイチロー選手の考え方、ビジネスにおける自己研鑽にもいえることだと思います。ビジネスパーソンは、仕事に生かすため、さまざまな研鑽をします。しかし、その能力が本当に必要なのか、ということを見失ってしまいがちです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜイチローは「ウェイトトレーニング」をパタッとやめたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい