誰も教えてくれない。身近な「保険ショップ」に隠された落とし穴

shutterstock_529008256
 

CMなどでもおなじみの「保険ショップ」の売りといえば、「複数の保険会社の商品から、個人にピッタリな保険を選んでくれる」という点。しかし、無料メルマガ『アラフィフ世代のための~家族と幸せになるお金の教室~の著者・三原由紀さんは、ショップの提案を鵜呑みにする危険性を指摘した上で、「年収別の入るといい保険、いらない保険」をわかりやすく解説してくださっています。

自分が加入すべき生命保険が一目でわかる!

来月から生命保険料がひっそりと値上げ。庶民が損しない方法は?」でもお話しましたが、4月から生命保険料が値上げします。今日は、引き続き生命保険ネタです^ ^

皆さんは、生命保険に加入したい時、誰に相談しますか?

  • 会社に出入りしている生保レディー
  • ショッピングモールにある保険ショップ
  • ネットで通販保険

色々ありますよね。ひょっとして保険ショップだったら一番いい保険会社の保険商品をオススメしてくれる、と思っていますか?

だとしたら、そうとも限らない、ということを頭に入れておいてくださいね。というのも、保険ショップの売上は、保険会社からの手数料です。保険会社の手数料は、定期的にキャンペーンをしているので、その時に一番保険ショップにとって割のいい商品をススめることがあるのです。だから最近、政府が保険ショップに対して、保険会社からの手数料を開示するようにしよう、と言い出して保険業界から反発を招いています。

ということを分かった上で利用してくださいね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 誰も教えてくれない。身近な「保険ショップ」に隠された落とし穴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい