なぜ財務省は、息を吐くように「増税」をしたがるのか?

shutterstock_575488681
 

前回「国民1人あたり3100万円。国が隠し持つ内部留保の衝撃的な金額」で、「国民が苦労して稼いだお金」を国は政府や企業、外国などに分散して隠し持っている、という衝撃的な真実を暴いた中部大学教授の武田邦彦先生。今回のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』では、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るようになったのか?」と題し、政治家を利用して財務省が国民から税金を騙し取る「からくり」について明かしています。

なぜ政府は国民から税金を騙し取るようになったのか?

前回書いたように、日本の政府、企業、そして海外には私たちが働いて得たお金が推計で1000兆円もあり、それを「返して」もらえば、私たちの貯金は夫婦で2000万円を越え、もっと豊かな人生を送ることができるはずなのです。

それが分かっても現在の日本人は政治はどうせそんなことをしてくれないと信じています。だから、日本人は政治に期待せず、衆議院議員選挙ですら投票率は53%にしか過ぎません。著者は「なんでもヨーロッパ」というのは嫌いなのですが、スウェーデンの投票率83%、ドイツの85%等に比較して、かなり低い状態です。

「だれに投票しても、お金は返ってこない」と政治家に対する信頼感が不足しているからです。地方選挙では京都市長選の16%のように、「ほとんどの市民が投票しない」というところまで来ているのです。

政治に対して日本国民があきらめていることが政治を悪くするしお金も戻ってこないし財務省が虚偽を言ってNHKが追従するというようなことを現実にしているのです。

ところで、なぜ政府は欺したのでしょうか?政治家も官僚も基本的には国民の公僕ですから、国民のために行動するはずですし、NHKも受信者の受信料で給料をもらっているのですから、本来は国民の味方のはずなのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ財務省は、息を吐くように「増税」をしたがるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい