ランジェリーショップに男性客が…販売員がとるべき神対応とは?

shutterstock_563223328
 

「毎日の接客や営業に慣れてしまうと、たまに遭遇する異質なゲストに対する免疫がなくなってしまう」と指摘するのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者・坂本りゅういちさん。そんな異質なゲストにどう対応するかが、デキる・デキないを分けてしまうそうなのですが…、坂本さんは、女性下着販売店の販売員が突如現れた男性客に行った接客を例に上げながら、その「正解」について記しています。

女性下着店に来る男性客

普段から店頭に立っていると、ある程度、自店にやってくるお客様に慣れてきます。若い世代向けのお店なら、若い世代のお客様が来店されますし、主婦向けのお店なら、主婦層のお客様が来店されます。そういったお客様たちの来店に販売員も慣れて、話題も増え、どんどん接客しやすくなっていくのです。

ですが、そうして慣れてくると、今後は違う問題が浮上します。「異質なゲスト(お客様)」に対して、免疫がなくなってしまうのです。

例えば、10代女性向けのバッグを取り扱うお店だったとしたら。普段、来店されるお客様は、女性客やカップルがほとんどでしょう。だから販売員もそういったお客様への接客力は自然と身につきます。

でもそこへ、ご年配の男性客がやってきたらどうなるか。10代の女性向けバッグですから、ご年配の男性客ひとりでは明らかに客層が違います。そうすると、販売員は慣れていないため

「なんでこの店に来たんだろう」
「あなたの来るお店ではないよ」

と、訝しがってしまったり、敬遠してしまうんですね。これが接客や顔に出ます。まず遠巻きに観察をして、なぜ来店されたのか見ようとします。中には、「いらっしゃいませ」の言葉すら出ず、じっと見てしまったり、目が合った瞬間に逸らしてしまったりすることもあります。

当然、お客様は歓迎されているとは思えずに、「自分が入る店ではなかったな」と感じて出ていってしまいます。そしてもう足を運んでくれることは二度となくなってしまうのです。たとえ、娘の誕生日プレゼントを買いに勇気を振り絞って来店されていたとしても。これはとても残念な話です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ランジェリーショップに男性客が…販売員がとるべき神対応とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい