突然の訪問者は見知らぬ外国人…日本で広がる「ヤミ民泊」の実態

20171012_travel
 

民泊禁止と定められたマンションにはびこる「ヤミ民泊」。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、実際に隣の部屋が民泊に使用されているという方からの体験談を紹介されています。犯罪すら招きかねない「民泊」、あなたにとっても他人事ではないかもしれません。

突然隣の民泊ゲストに助けを求められたら…

こんにちは! 廣田信子です。

住宅宿泊事業法の施行期限は6月ですが、何だか早まりそうな勢いです。すでにヤミ民泊は、規約に民泊禁止と定めているマンションの中にも確実に入り込んでいます。

先日、実際に隣で民泊が始まっている方から聞いた話がすごかったです。

ある日、玄関のドア前のインターホンが鳴り続けます。モニターには子供連れの女性が立っています。要件を聞くと、片言の日本語で助けてほしい…と。何事だろうとドアを開けると、韓国から旅行に来ている隣の部屋の民泊ゲストらしいのです。

両手に食材がいっぱい入ったスーパーの袋を抱え、部屋で鍋をしようと、こんなに食材を買ってきたのに、部屋のガスは止められていて料理ができない、子供もお腹を空かせているし、何とか助けてくれというのです。

小さな子供を連れてくるのも作戦かもしれませんが、子供の顔を見ると放っておけずに、結局、彼女は、卓上コンロとお鍋を貸して上げたのです。

民泊の部屋では、危ないのでガスの調理器が使えないようになっているものも多く、事前に料理はできないと明示しているのでしょうが、隣に言えば何とかなる…と思う人もいるみたいです。なにしろ、民泊ですから。

彼女は、「なんで私が、民泊禁止の規約破りの人を助けなくちゃいけないの~」と思いながら、冷たくできなくて、結果として民泊を黙認してしまったような自分にもやもや気分でいるのです。そのマンションでは、掲示板に、日本語、英語、中国語、韓国語で「民泊禁止」と明示されているのに…です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 突然の訪問者は見知らぬ外国人…日本で広がる「ヤミ民泊」の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい