客が本当に知りたいのは作り手の想い。これを伝えれば物は売れる

shutterstock_667903357
 

食べ物に限らず、「作り手の顔が見える」ことはビジネスにとっても重要なようです。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、今、注目を集めている企業やお店が「共通して取り組んでいること」を紹介しています。

作り手が発信する時代

いろんな企業やお店のHPやSNSを見ていると、近年、大きく変わったなぁと感じるものを見かけることがあります。作り手が発信をしているかどうかです。

今、お客様がこぞって集まっているのは、やはり作り手自らが想いを発信している企業やお店だと痛烈に感じています。というのも、以前、特に日本では、作り手(製造・生産者)が情報を発信している機会がとても少なかったように思います。正直、今もあまり多いとは思えませんが、作り手はモノを作るだけで、売ったり発信したりするのは、販売現場に任せきりになっていたからです。

これは販売現場側も同じ感覚で、その商品のどこが良いとか、どこにこだわりを持って作れられているのかは、現場の販売員だけが伝えていました。一応、カタログだなんだといったツールはありますが、それらにも、作り手が実際に語っているものはなく、販売する側の考察が述べられていることがほとんどです。ですが、販売員は勉強をしているとは言っても、作り手の苦労や想いまではわかりません。お客様が本当に知りたいのはそこなのに、伝えられていなかったんです。

しかし、ネットの普及で、簡単にお金をかけず情報発信ができるようになり、作り手が自ら語る機会が増えました。

「ここに苦労したんですよ」
「こうやって作る技術はなかなか難しいんですよ」

といった情報です。そういったこだわりや苦労といった情報とともに、「ぜひこんな時に使ってもらいたいといった想いも、作り手が伝えられるようになってきたわけです。以前は予算や場所の関係で、なかなか知ってもらう機会が少なかったのが、ネットのおかげで、誰でも知れるようになったんですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 客が本当に知りたいのは作り手の想い。これを伝えれば物は売れる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい