EVに欠点あり。テスラを長距離ドライブしてわかった6つのこと

テスラ tesla MODEL X
 

「テスラ Model X」を所有し米国の自宅で愛用しているというメルマガ『週刊 Life is beautiful』の著者で世界的プログラマーの中島聡さん。以前掲載の記事「乗るコンピュータ「テスラ Model X」が創る、化石燃料に頼らぬ未来」でも、その使用感などを解説していましたが、今回のメルマガでは、中島さんが実際に米国内でテスラModel Xを長距離運転してみた感想や、メリット・デメリットを詳細にリポートしています。

テスラでPalm Springsまで往復2400マイルのドライブをして学んだ6つのこと

1. 充電時間のために、EVによる長距離ドライブは余計に時間がかかる

今回のドライブは、次の充電ステーションまで2時間ドライブして30~40分休憩する、という行動を10回ほど繰り返すことになりました。食事をする際には30~40分の休憩は問題ないのですが、その合間に余計な休憩をしなければならないのは、少し苦痛です。トータルでは、ガソリン車であれば片道22時間ぐらいのところが27時間になった計算になります。

これは電気自動車の唯一とも言える欠点ですが、これを「致命的な欠点」と考えるかどうかは、電気自動車の他のメリットをどう評価するかにかかっているので、人によって違う結論になると思います。

2. オートパイロットは長距離ドライブにこそ必要

今回のドライブは、ほとんどが高速道路だったこともあり、ほとんどの区間をオートパイロットで運転しました。長距離ドライブだとすぐに眠くなってしまう私ですが、今回はほとんど眠くなりませんでした

なぜそうなのかを考えてみましたが、通常のドライブは、意外に「神経をすり減らす」ために、脳が疲労してしまうために眠くなるのではないかと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • EVに欠点あり。テスラを長距離ドライブしてわかった6つのこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい