TVが報じぬ小室哲哉「最後の言葉」は、介護問題の本質そのものだ

小室哲哉 介護 KEIKO 河合薫
 

先日行われた小室哲哉さんの会見。当初、週刊文春に報じられた不倫疑惑の釈明会見とみられていましたが、小室哲哉さんは突如として音楽活動からの引退を表明。さらに、今まであまり明かすことのなかった妻・KEIKOさんの病状についても赤裸々に語りました。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で、自身も父の介護経験のある健康社会学者の河合薫さんは、この会見を「介護問題の本質」と評価し、他人に打ち明けられない介護の辛さについて言及しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年1月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

小室ショックと介護の雨の冷たさ

先週、「小室哲哉さん引退」の記者会見をたくさんのメディアが取り上げましたが、報道されなかった最後の言葉があります。

僕たった1人の人間の言動などで日本であったりとか社会が動くとはまったく思っておりませんが。

先ほども言いましたように、なんとなくですが、高齢化社会に向けてであったりとか、介護みたいなことの大変さであったりとか、社会のこの時代のストレスであったりとか、そういうことに少しずつですけど、この10年で触れてきたのかなと思っているので。

こういったことを発信することで、みなさんも含めて、日本をいい方向に少しでもみなさんが幸せになる方向に動いてくれたらいいなと心から思っております。微力ですが、少しなにか響けばいいなと思っております。ありがとうございます。

記者会見には賛否両論ありましたが、私はあの会見自体が介護問題の本質」であり、最後のコメントはもっとたくさんの人に伝えるべき内容だと思いました。

超高齢化社会で、誰もがある日突然、大切な人の変化に向き合うことを余儀なくされたり、自分が変化する立場になるかもしれないご時世なので、もっとみんなで考えるべきだと感じたのです。

そこで会見の翌日、Yahoo!ニュースにコラムを書きました(“小室ショック”と他人事ではない介護問題のリアル)。

コラムの反響は想像以上に大きく、一日で100万アクセスを突破。

Yahoo!トピにもあがったので、既にお読み下さった方もいらっしゃるかもしれません。

さまざまな意見、メッセージをたくさんの方からもいただきました。

その内容も交えつつ、裏返しメガネでも取り上げます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • TVが報じぬ小室哲哉「最後の言葉」は、介護問題の本質そのものだ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい