「月給減らした同額を賞与で支給」という会社は許されるのか?

shutterstock_681538597
 

「社員の月給を減らし、その分を賞与で支給したいのだが…」という企業からの相談が無料メルマガ『「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理』の著者で特定社会保険労務士の小林一石さんのもとに届きました。それは無効だ! として変更を求めた社員から訴えられた裁判が過去にもあったそうですが、はたして判決はどうなったのでしょうか? 

月給を減らしても、その分をボーナスで支給すれば問題ないのか

みなさんは「料理のさしすせそ」をご存知でしょうか。実はお恥ずかしながら私は全く知らなかったのですが、料理をするときに美味しく作るための調味料の入れる順番だそうです。「さしすせそ」というのはその調味料の頭文字で

  • さ→砂糖
  • し→塩

(以下は省略)

です。「塩より先に砂糖を入れた方が美味しくなる」と言われても、「そんなのどっちだって同じじゃない?」と思ってしまいましたが、実はそれにもしっかり根拠があり

「砂糖は素材をやわらかくし他の調味料の浸透をよくする働きがある。塩を先に入れてしまうと砂糖の浸透をさまたげたり素材をかたくしてしまう」

だそうです。

※ご参考:【大実験】料理の「さしすせそ」、逆の順番で加えたら味は変わるのか?を検証してみた!

「胃袋に入ってしまえば全部同じ」とまでは言いませんが、ここまでの違いがあるとは思ってもみませんでした。

これは給料の変更についても同じことが言えます。例えば

  • 月給→30万
  • ボーナス→無し

の社員の給料を

  • 月給→25万
  • ボーナス→30万年2回

のように変更した場合年間のトータルの金額は変わりません(税金や社会保険料の話はおいておきます)。では、このような給料の変更は可能なのか。

それについて裁判があります。あるIT関連の会社で「月給を下げて別途ボーナスを支給するのはその社員にとって不利な変更であり無効である」として、社員が会社を訴えたのです。

そこで会社は「月給は下がるがボーナスを含めれば年間の収入は増える」として、裁判になったのです。確かに会社の言い分も間違ってはいません。年間の収入が増えれば必ずしも社員にとって不利な変更とは言えないでしょう。

では、この裁判はどうなったか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「月給減らした同額を賞与で支給」という会社は許されるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい