【クリミア炎上】鳩山元首相の友愛思想を地球人目線で紐解いてみた

iwata20150330
 

先般のクリミア訪問で大バッシングを受けた鳩山元首相。私たち凡人にはいろいろと理解しがたい言動も見受けられるのですが…、そもそも鳩山氏ってどんな人物なんでしょうか。気鋭の若手政治学者・岩田温さんは「バカでも愚かでもないが政治家にだけはなってはいけない人物」と分析します。

徹底分析「鳩山由紀夫の政治思想」

岩田温の『政治哲学講義』第2号より一部抜粋

鳩山由紀夫の政治思想

鳩山とはいかなる政治家なのか。早速その分析に取り掛かることにしたいが、第一に取り上げるべきは彼の「友愛」思想についてだろう。

祖父鳩山一郎も掲げた「友愛」とは、いかなる思想なのだろうか。

いうまでもなく、この「友愛」思想はEUの生みの親とされるカレルギーの思想に端を発するものだが、鳩山は「友愛」思想は現代的意義を有すると考えている。

鳩山は二十世紀を自由原理と平等原理とが相互に戦いあった時代であったとみなす。

すなわち、一方には個人の自由を至上価値とみなし、社会の全てに市場原理を貫徹させようとして放縦に陥る資本主義が存在し、他方には人間の平等を至上価値とみなし、個人の自由を圧殺し画一的な平等を実現しようとして全体主義体制に陥る共産主義が存在した。

鳩山は自由と平等の二つのイデオロギーが衝突した時代として二十世紀を把握するのである。そのうえで自由と平等のそれぞれの長所を活かし、短所を改めるためにカレルギーの「友愛」に着目する。「友愛が伴わなければ、自由は無政府状態の混乱を招き、平等は暴政を招く」と主張したカレルギーの思想に共感しているのだ。そして鳩山は「友愛」の核心を「自立と共生」と解釈する。自由原理主義、平等原理主義ではなく、「自立と共生」こそが来るべき時代の基本理念でなくてはならないというのだ。

なお、「自立と共生」の理念は、単に個人の在り方を指すのみならず、国家の在り方そのものをも指し示す理念だという。従って鳩山は自らを「自立と共生」の哲学に基づいた「友愛社会」を建設するための改革者と位置付けている。

それでは現在の日本において「自立と共生」の哲学は確立されているのであろうか。鳩山は否という。個人の生き方は官僚に依存し、国家の外交安保はアメリカに依存しており、日本国民も日本国家も真の独立状態にはないと指摘している。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【クリミア炎上】鳩山元首相の友愛思想を地球人目線で紐解いてみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい