ロシアは絶対悪なのか。シリア空爆の驚くべき「裏側」

kitano
 

ついに開始されたロシアによるシリアへの空爆。当初ロシアは「イスラム国の掃討に絞った攻撃」としていましたが、「反アサド派の拠点を空爆した」として各国の批判が高まっています。なぜロシアはイスラム国以外の勢力を標的にしたのでしょうか。その裏側を無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんが2つの仰天情報を交え解説しています。

ロシア、シリア空爆の「裏側」

昨日目が覚めたら、アメリカの読者さんから、こんなメールが届い
ていました。

北野さん、大変ですね!!

 

那由他です。

 

すみません、返信いただいたばかりなのでついつい気軽に用件だけ送らせていただきます。

 

今日は朝からTVではロシアのシリア空爆で持ちきりです。明らかにISISのいるところではなく、反アサドのいるところに空爆したと、みな怒りまくっています!!

 

確かにインタビューでもプーチンは、アサド支持をはっきり打ち出してはいましたが、このタイミングでこんなことしてプーチン(のロシア)が得することはあるのでしょうか?

 

私にはとうていそうは思えないのですが、いったい何が起きているんでしょうか??

 

100歩譲って本当にあるとして、このタイミングでのこの行動の理由はなんでしょうか? このタイミングだからこそなのでしょうか?

 

朝から悩んでいましたががまんできなくてメールしてしまいました。きっと北野さんも今、説明記事を考えているところかもしれませんね。待ちます。

ポイントを整理します。

  1. ロシアは、「シリア空爆」をはじめた。
  2. プーチンは、「イスラム国を空爆する」といっていたが、実際は、「反アサド派」を空爆している。

どの新聞にも出ていますし、日本のテレビニュースにも出ていることでしょう。というわけで、今日はこの話をします。

ここ数年の動きを順番に追っていきます。

とはいえ、全部詳細に話すと長くなるので、ポイントだけ抑えていきます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ロシアは絶対悪なのか。シリア空爆の驚くべき「裏側」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい