なぜスポーツショップは店全体に所狭しと商品が並んでいるのか

shutterstock_231956770
 

ゴルフやランニングなど、日頃からスポーツを楽しんでいる人なら、行く機会も多いであろうスポーツ用品店。店中には様々な競技で用いるアイテムが所狭しと並びますが、それだけに“増え続ける在庫”には、どの店も苦慮しているようで……。スポーツ用品店向けの経営指南メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では、そんなお悩みに対して3つのアドバイスを授けています。

在庫が増えてしまう

スポーツショップ売場は、何となく華やかです。

色とりどりの商品が、壁一面にそして什器一杯に並んでいます。ぎっしり詰まっているという感じです。「よく売れているのだろうな」と思ってしまいます。

ところが、内情はそうでもないようです。

お店の方に聞くと、「なかなか在庫が減らなくて困っているよ」と言われます。年間の商品回転率を聞いてみると、2回転がやっとということです。

これはもう、完全に在庫オーバーです。言ってみれば、食べ過ぎて肥満体になってしまっている状態です。これでは、商売が苦しくなります。

どうして、在庫オーバーになってしまうのでしょう。理由はいくつも考えられます。

一つは、仕入スタッフの意識です。

仕入スタッフとはいっても、一般のお店は販売スタッフが兼任しています。すると、そのスタッフは、どうしても商品を目いっぱい仕入れてしまうのです。

なぜなら、売場に商品が多ければ多いほどたくさん売れると思ってしまうからです。

そして、商品がないと不安になります。売上を上げたいために、必要以上に仕入れてしまうというのが、在庫が膨らんでしまう原因です。

また、商品を仕入れるのは気持ちが良いものです。生活の中でも、物を買う時は嬉しいですよね。それと同じです。

そんな心理が働いて、仕入が増えてしまうのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜスポーツショップは店全体に所狭しと商品が並んでいるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい