【書評】天才はある種の病気。そう確信させる異能起業家の半生記

20151112s
 

今回の「3分間書評」で取り上げるのは、天才起業家イーロン・マスク初の公認伝記。『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者・土井英司さんが「これまで出されたイーロン・マスクのどの本よりも読み応えがある」と評する1冊です。

20151112syoei
イーロン・マスク 未来を創る男』 アシュリー・バンス・著 講談社

 

こんにちは、土井英司です。

もうかれこれ8年前になりますが、BBMで「天才の精神病理」という本をご紹介しました。

※参考:「天才の精神病理

精神医学を専門とする2人の著者が、ニュートン、ダーウィン、フロイト、ヴィトゲンシュタイン、ボーア、ウィーナーといった6人の天才科学者を徹底分析した本です。この本を読むと、やはり天才はある種の病気、と思わされるのですが、一流の経営者の伝記を読むと、さらに確信が強まります。

ミリオンセラーとなったアイザックソンの「スティーブ・ジョブズ」にも、「現実歪曲フィールド」という表現があったと思います。

※参考:「スティーブ・ジョブズ

本日ご紹介する1冊は、このスティーブ・ジョブズに負けずとも劣らない天才、イーロン・マスクの初の公認伝記

これまでにたくさんイーロン・マスクの本を読んできたので、やや食傷気味だったのですが、入念な取材に基づく伝記は、これまでに出されたどの本よりも読み応えがありました。

それもそのはず。著者のアシュリー・バンスは、テクノロジー分野の第一線で活躍するライターで、「ニューヨーク・タイムズ」紙で、シリコンバレーやテクノロジーに関する取材を続けてきた人物。現在は、「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」誌で科学技術に関する特集記事を担当しているということで、要は科学技術に造詣が深く、さまざまな取材ネットワークを持っている、ということです。

それだけに本書は、関係者への丁寧な取材に基づいて書かれており、イーロン・マスクの本当のすごさや異常さ、これまでに取った言動の多くをとらえています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】天才はある種の病気。そう確信させる異能起業家の半生記
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい