【いじめ対談3】正論、情、脅し。弁護士と探偵が伝授、いじめの解決法

2015.12.04
229
by kousei_saho
0
 

メルマガ『ギリギリ探偵白書』の著者でこれまで5,000件ものいじめ相談を受けた探偵・阿部泰尚さんと、『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』の著者・谷原誠さんによる「いじめ対談」。前編では凄惨ないじめの現場を、中編では我が子のいじめに気づくために親がすべきことなどを語っていただきました。最終回の後編は、お2人がそれぞれ専門の立場で「いじめの解決法」を伝授してくださいます。

前編→「【いじめ対談】5000件のいじめ相談を受けた探偵が語る凄惨な現場とは
中編→「【いじめ対談2】こんなタイプの親が、我が子のいじめに気づけない

探偵と弁護士が伝授するいじめ解決のテクニック

まぐまぐ:酷いいじめが多く起こっている現状で、解決を急いであげないと被害者がどうなるかわからないという時に、先生が先生として機能してくれない、警察が見て見ぬふりをする、場合によっては加害側の保護者も罪を認めず子供をかばうということがあると思います。そういうときに、阿部さんはどういう風に、その状況を切り崩してらっしゃるのかなって。

阿部:僕らはやっぱり、証拠を押さえることがどうしてもメインになってきますね。……当事者らと話をしていく場合に関しては、同じ質問を繰り返したりといった、テクニックみたいなものってあると思うんです。要は先に言わせたうえで、その後それを否定する証拠を出していくみたいな……。そういうテクニックをフル活用することはよくあるので、調査する項目は非常に多くなってくる。

まぐまぐ:しかし、それって結構際どい手法ですよね。

阿部:僕らは学校じゃないと。……もちろん証拠を取る際に、倫理観に基づいた行動は必要だと思いますけれど、そこまで手段を選んでいないというケースもある。だから、彼らの仲間内を裏切らせて、LINEの中でやりとりしたデータやいじめの画像などを入手して、それを切り札に使うっていうことも、僕らは結構やります。

T.I.U.総合探偵社の阿部泰尚さん

T.I.U.総合探偵社の阿部泰尚さん

まぐまぐ:そういう切り崩し工作も……。

阿部:いじめって複数人でやるので、全員が口裏を合わせているケースがほとんどなんですけど、全員が同じ利害のもとにいるとは限らないんですよ。そうすると、その中の1人をどう裏切らせるかという工作もするんですが、その辺は「大人のずるさ」を100%使ってるっていうのはあります。そのくらいはしないと、子供がそういう風になっちゃってる親御さんって変な人が多いので、認めないんですよ。……すごいのになってくると、弁護士を連れてくる親とかいるんですよ。せいぜい保護者が来ればいいぐらいの問題なのに、そこに弁護士さんを連れてきた時点で、自分の子供の権利を守ろうとしてるわけじゃないですか。何もなかったら、そこまでする必要ないですよね。

まぐまぐ:確かにそうですよね。

阿部:そういう場合は、もう最初からケンカ腰だったりして、結構怖いんですよ。この手のものなら負けたことがないとか、こういう証拠の取り方は人権的にどうなのか、とかですね。「知るか、この野郎!」って感じなんですけど、結構色んなことを言ってくるんですよ。そういう、ある意味モンスターな親っていうのは多いし、そのモンスターな親の元で育っちゃった子供だから、モンスターになってるっていうのは感じます。

まぐまぐ:この親にしてこの子あり、ということですね……。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【いじめ対談3】正論、情、脅し。弁護士と探偵が伝授、いじめの解決法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい