ケント・ギルバート氏と上杉隆氏が大暴走?メディアの腐敗ぶりを暴露

006
 

毎週平日の16時から視聴無料の生放送を配信している、インターネット報道番組「ニューズ・オプエド」。12月17日の生配信には、近年積極的な評論活動を展開しているカリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏が出演し、同番組のアンカーを務めるジャーナリストの上杉隆氏と、ギリギリのトークを展開した。

岸井氏発言への「意見広告」…その真意は?

今回、話題の主な中心となったのは、報道番組『NEWS23』(TBS系)のキャスター・岸井成格氏が、その番組内で「メディアとして、(安保法案廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と発言したことに対し、ケント・ギルバート氏ら複数の有識者が、新聞紙上にて抗議の意見広告を掲載した件について。

ケント氏は岸井氏の発言について、「『意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること』とする、放送法第4条に明らかに反している」と断罪。くわえて、TBSにおける安保法案の報道に関して、時間の93%反対意見の紹介に費やされているというデータも紹介し、その“報道の偏り”ぶりについて警鐘を鳴らした。

またケント氏は「岸井さんは、新聞に書いてる気分で言ってるんじゃないか?」とも語り、電波法に基づいて免許を受けているテレビ局の番組での発言と、新聞紙上での発言とでは、その意味が大きく異なる点に関しても指摘した。

今回の意見広告に関しては、岸井氏が所属する毎日新聞からも取材を受けたと、今回の番組内で明かしたケント氏。ちなみにその取材の模様は、ケント氏のメルマガ『ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」 Vol.31』(2015年12月6日配信号)にて、詳しく紹介されている。

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ケント・ギルバート氏と上杉隆氏が大暴走?メディアの腐敗ぶりを暴露
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい