雑談を制するものはコミュニケーションを制す。無駄じゃない雑談の力

2016.02.09
45
by NozomiK
 

話し始めるときに、結論がはっきりしていなくてももちろんOK。というより、雑談で結論がはっきりと出る必要などありません。

それでも、どうしても話しているうちに内容がぐちゃぐちゃになることが心配なのであれば、冒頭に「頭が整理できないのですが」とか「論理的ではないんですが」という言葉を枕詞として入れてしまうのも効果的です。

感覚的なことをどんどん口にしてしまうことは、論理的に話すことが習慣になっている人にとってなじみのない話し方で、ある意味怖いかもしれません。しかし、雑談好きな人の会話をよく分析してみてください。ほとんど感覚で話をしている人が多いことに気づきます。しかも、話題が次々と脈絡もなく移っていきます。思ったことがそのまま口から出てきているようです。一度真似をしてみるとよいかもしれません。

普段、歩きながら、まわりの景色を見て、すぐに感じたことを独り言で言ってみるのも、雑談をする訓練になります。

一度そのような話し方でうまく話が展開すると、「なんだ、これでよかったのか」という、開放感のようなものを得られると思います。

「さわぐのはあとにして…………とにかく話にはいってくれ………」 (ゴルゴ13)

ゴルゴには、雑談は不要なようです。ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

今回は、ここまでです。

image by: Shutterstock

 

弁護士谷原誠の【仕事の流儀】
人生で成功するには、論理的思考を身につけること、他人を説得できるようになることが必要です。テレビ朝日「報道ステーション」などでもお馴染みの現役弁護士・谷原誠が、論理的な思考、説得法、仕事術などをお届け致します。
<<登録はこちら>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 雑談を制するものはコミュニケーションを制す。無駄じゃない雑談の力
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい