ただのカレーじゃない。脂肪を分解、太りにくくなるマターカレーとは

20900305555_8d73627077_b
 

大豆に含まれるイソフラボンは、認知症予防や美容に大きな効果があると言われています。毎回ためになる情報を無料で配信してくださる『一石三鳥健康メルマガ』では、イソフラボンの美容効果を最大限に引き出すメニューを紹介、さらに女性に優しいながらもあまり知られていないスパイスも取り上げています。

大豆 ~英語編~

老化という文字に実感が伴う年齢になってきた身には、「イソフラボン」という言葉が若いとき以上に魅力的に響きます。大豆には女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似たイソフラボンが含まれているのは有名ですね。それだけではない、大豆の栄養成分を効率よく摂れて、かつ美容効果絶大なメニューをご紹介します。

Tofu Matar(Tofu cooked with green peas)

カレーです。えー、カレー? と思われたでしょうか。簡単でありながら、こんなにも美容効果の高いメニューを、皆様にはもっと積極的に食べていただきたいと思います。ここに掲載されているのは、マターカレー(mater)というカレーのレシピです。本来は、グリーンピースとカッテージチーズをつかって作りますが、ここではチーズの代わりに豆腐が使われています。

まずはじめに申し上げたイソフラボンについて、皆様に悲しいお知らせがあります。イソフラボンをたくさんとろうとして豆腐を食べている方は、残念ながら効率よく摂取できているとはいえません。イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型の2種類あります。グリコシド型とは、発酵されていない大豆に含まれているもの。アグリコン型は、発酵した大豆に含まれているものです。アグリコン型の方がグリコシド型と比べて、その吸収率と吸収スピードが圧倒的にいいのです。

グリコシド型が体内に吸収されるのは約2割。あとの8割は排出されます。吸収されるまでにかかる時間は、6~8時間。それに対してアグリコン型は8割が吸収されます。さらに、摂取後2時間でピークを迎えます。つまり、毎日豆乳を飲むよりもみそ汁を飲むほうが、イソフラボンをたくさん摂れるのです。先ほどのレシピには残念ながら味噌が含まれないので、隠し味程度に入れてください。それだけで美容効果倍増です。食べられる方は、納豆と一緒に食べてもいいですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ただのカレーじゃない。脂肪を分解、太りにくくなるマターカレーとは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい