超エリートだけどまるで中2。トランプ候補の“神レベル”話術とは

23690121909_a81b6d2fcb_z
 

「教育水準の低い人たちが大好きだ!」と叫んで注目の的となったトランプ氏。これ以外にも過激な発言は数知れずあり、日本人に比べてオープンなアメリカ人でさえタジタジに見えます。メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者で米国在住の作家・冷泉彰彦さんは、これらの問題発言や言葉遣い、そしてそれに対する反応まで見通したうえでトランプ氏は動いており、アメリカ国民は手のひらで踊らされているに過ぎないと推測しています。

マイナスの感情を操る天才、トランプ候補

依然として絶好調なトランプ候補について、少し考えておきたいと思います。トランプ候補に関しては、特に2月20日(土)のネバダ党員集会と23日(火)のサウス・カロライナでの勝利は大きかったです。これで、南部でもヒスパニック票の多い州でも強さを見せることができているからです。

そのネバダでは勝利演説で「教育水準の低い人達が自分を押し上げてくれた。自分は教育水準が低い人達が大好きだ」と叫び、喝采を浴びていました。

このエピソードに関しては、トランプ支持者の中からは「他の候補なら言われたほうが怒るのにトランプの場合は親近感が伝わってくる」という反応がある一方で、「そんなことを言うトランプと、言われて喜ぶ支持者」に対して激しい嫌悪を表明する人もいます。ですが、この発言が「受ける」こと自体が現時点でのトランプの勢いを象徴しているのは間違いないでしょう。

では、その「」にあるのは何なのでしょうか?

print

 

 

  • 超エリートだけどまるで中2。トランプ候補の“神レベル”話術とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け